2年縛りのない「スマホ電話SIM」とパケット放題で3千円で利用できる日本通信のサービス始まる

スポンサーリンク

ドコモのFOMA回線を利用したパケット放題でありながら、無料通話が約1300円分利用可能なSIMカードとプランが登場しました。日本通信の「スマホ電話SIM」というサービスです。SIMロック解除されたスマートフォンがあれば、月額約3000円でデータ通信定額と音声通話サービス受けられます。スマートフォン(たとえばiPhone5など)のSIMロックフリー版を入手して搭載できれば最高な気がします。2年などの縛りは全くないのが気軽な利用ができそうでいいですね。image

月額3000円以下の「スマホ電話SIM」

日本通信といえば、SIMカードを利用した様々なプランを提供してきました。回線状況が国内随一のドコモFOMA(3G)を利用できるのはグッドなのですが、月ごとにチャージするなど面倒で複雑なプランが多いように感じていました。

しかし、今日(2012年8月25日)から販売開始した「スマホ電話SIM」というサービスはかなり分かりやすく、しかも料金的にかなりお得なのです。たったの月額約3000円で、約1300円分(最大約32分間)の無料通話月の音声プラン「プランS」とパケット量無制限のデータ通信サービス「U200」を利用できます。ただしデータ通信「U200」のスピードは上下200kbpsでのんびりなスピードです。しかしメールやSNS利用、ネット閲覧では十分みたい。(当然Wi-Fiが使えるところでは快適なスピードでデータ通信を利用できそうです。)

日本通信の「スマホ電話SIM」に関するお知らせによると、最大のセールスポイントを「2年の縛りがない」としています。したがって2年に一度の契約月などは存在せず、いつでも解約可能でナンバーポータビリティに応じるというもの。(再び悪用されなければいいですけどね。そういえば月額2,270円からの「音声通話付の通信パッケージ」もありましたが、1年の縛りがあり1年以内の解約では1万500円を支払わねばなりませんでした。)

購入と手続き

SIMカード(普通サイズとマイクロあり)自体は、Amazon やヨドバシカメラの実店舗および通販サイトで3,150円で購入可能です。その後の手続きは、ネットで完了するそうです。楽でいいですね。

各プランと料金

さて「スマホ電話SIM」の詳しいプランと料金は以下の通りです。まず音声プランですが、以下の通りに「 S、M、L」があります。

image

データ通信プランは以下の通り。上記のプラン「U200」に加えて、ドコモが通常のスマートフォンに適用している下り最大14Mbps対応で、月の最大データ量2GBまでOKの「2GB定額」があります。

image

音声通話から3つのプラン、データ通信プランから2つのプランを組み合わせて申し込みます。その組み合わせ料金は以下の通り。

image

時代は月額3000弱でスマートフォンを持てる時代になっています。間もなく発売されるiPhone5のSIMロック解除版が入手できるなら、上記の「スマホ電話SIM」の利用はかなり優良な選択肢になりそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事