光から変更して節約!「WiMAX 2+」は110Mbpsで開始!2017年からは1Gbpsへ

スポンサーリンク

モバイルデータ回線が固定の光ブロードバンドに近づいております。UQコミュニケーションズは今年(2013年)10月31日から次世代ワイマックス「WiMAX 2+」のサービスを開始します。回線スピードは理論値では110Mbpsです。固定光ブロードバンドから本当に乗り換えを考えても良い回線スピードに近づいてきました。以下に「WiMAX 2+」の回線スピード、料金、エリア、対応モバイルルータ、今後の予定などをメモ。

WiMAX 2+ のロゴ


データ容量制限

最近LTEの普及によって影を潜めつつあったWiMAXですが、回線品質の向上に力を入れて新たなサービス「WiMAX 2+」を開始します。理論値ではLTEと同レベルかそれを上回る110Mbps(上り最大10Mbps)です。ちなみに現行では下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps。

各社のLTE同様、月7GBみたいな制限があるのでしょうか?残念ならがら月7GBの制限付きです。とはいっても2年契約プラン「UQ Flat ツープラス」で2年間は制限なしの使い放題となっております。上限を超えても現行のWiMAXを利用できるのであまり問題はなさそうですけどね。

スポンサーリンク

料金

スピードが向上するので料金もそれなりと思ったら、2年間は毎月525円を割引して現プランと同様の月額3,880円で利用可能です。しかし2年を経過すると、正規の料金に戻り月額4,405円(税込)となります。注意が必要ですね。その頃には別の割引サービスが開始されることを期待したいところ。

エリア

次の問題はエリアとその拡大予定ですね。「WiMAX 2+」開始直後は都心 環状7号線内(東京都道318号線)のみ。順次、関東 中部 関西への拡大をめざし、来年末までには全国の主要都市に普及させる予定とのこと。

嬉しいことに、通信スピードは来年(2014年)までに200Mpbsへ、2017年にはギガプラン(1GbpS)を実現する見通し。

http://www.wimax2plus.jp/lp/wimax2plus/top.html

対応モバイルルータ

「WiMAX 2+」発表と同時に対応ルータとして「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(ファーウェイ製)も発表。

image

以下の3つの回線に対応しています。

  1. 「ノーリミットモード」・・・WiMAX
  2. 「ハイスピードモード」・・・「WiMAX 2+」および WiMAX
  3. 「ハイスピードプラスエリアモード」・・・4G LTE(au)および 「WiMAX 2+」

同ルータはワイヤレス充電、タッチパネルによる操作、スマフォからのリモート操作機能(クイックアクセス)が特徴で、micro USB端子およびmicroSD/microSDHCカードスロット(最大32GB)までフル装備です。本体サイズは、62(幅)×100(高さ)×15.5~15.7(奥行)mm で、重量は約140gです。

一度の充電でのおよその持続時間は以下のとおり。

■ 待ち受け・・・ECOモード時 : 約950時間、クイックアクセスモード時:約27時間
■ WiMAX 2+・・・・約9時間
■ WiMA・・・約9時間30分
■ 4G LTE・・・約9時間10分

以上がUQコミュニケーションズの新ワイマックス「WiMAX 2+」と対応モバイルルータの概要でした。

田舎に住んでいる @Ama119 にとっては、エリア拡大の恩恵を受けられる2014年となりそです。そのころには回線スピードは下り200Mbpsに対応しているといいですね。

本格的に固定の光ブロードバンドから変更を考えて節約を検討したいと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事