Office文書を直接編集できるChromeの拡張機能 「View and Edit Word, Excel and PowerPoint」の使い方

スポンサーリンク

Googleドライブに新機能が追加されました。WordやExcelなどのOfficeドキュメントを直接編集できるChromeの拡張機能(アプリ) 「View and Edit Word, Excel and PowerPoint files with Docs, Sheets, and Slides」 なら、Officeを利用できない環境でもブラウザChromeで編集可能です。以下にその使い方と設定をメモします。

Office文書を直接編集できるChromeの拡張機能 「View and Edit Word, Excel and PowerPoint」

これまではGoogleドライブやGmailに保存されたOffice文書は閲覧しかできず、編集したいならGoogleドキュメントに変換したりとややこしいことをしなければなりませんでした。

しかし、Chrome拡張 Office Editing for Docs, Sheets, and Slides を利用すれば直接編集できるようになります。Gmailに添付されたOffice文書の校正などをOfficeが搭載されていないパソコンでも簡単に可能になるのはステキです。

使い方

まず、Gmail に添付されているWord文書を同拡張機能で開いて編集してみます。(Goolgeドライブでも可能みたいですが、この記事を書いている時点ではエラーがでます。)

2014-06-27_15h47_17

上部メニューの「開く」をクリック。

2014-06-27_15h48_09

始めてアプリを利用する場合は、以下の認証画面が現れます。「Got it」をクリック。

2014-06-27_15h29_11

そうするとGoogleドキュメントのように簡易な編集機能が一通り使えるようになります。もちろんWordのような編集機能が搭載されているわけではなく基本的な機能が使えるのみです。

2014-06-27_15h56_28

OfficeをPCにインストールしていなくてもChromeブラウザ上で編集してOffice形式として保存できるのは共同編集において大いに役立ちそうです。

なおローカルでも以下のように「Googleドライブ」から「ウェブで表示」を選択すれば、同Chromeアプリで編集可能になります。

2014-06-27_15h59_23

以上、目まぐるしく機能が向上するGoogleサービスの一つでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事