Wordにウィキペディアからサクッと調査・引用できるOfficeアプリが超便利

スポンサーリンク

学校に提出するレポートにWikipediaの解説文や画像をサクッと引用して、書き上げることができるOffice専用アプリ(アドイン)「ウィキペディア」を利用してみました。ブラウザを使ってWikipediaをサーチしたり引用したりするよりもかなり速くレポートが仕上がりますよ。Word2013とExcel2013で利用可能です

Office専用アプリ(アドイン)「ウィキペディア」


Office専用アプリ「ウィキペディア」

授業で使うレポートの作成に、どれだけWikipediaから引用してよいのかはケースバイケースだと思いますが、このOffice専用アプリ「ウィキペディア」を利用するなら、調査と引用があまりに軽快にできます。Webブラウザで同じことするとコピー&ペーストの作業が必要ですが、このアプリを利用するとこの工程をかなり減らせます。

例えば課題として「量子テレポーテーション」を取り上げるとします。いつものようにOffice2013で作成するわけです。

「量子テレポーテーション」とは

最近量子コンピュータについてしばしばITニュースで取り上げられています。それと同時に「量子テレポーテーション」という言葉も聞くようになりました。では一体「量子テレポーテーション」とはどういう仕組みでしょうか。以下にレポートします

それから以下のようにWord内でウィキペディア内を調査、引用します。まず「挿入」から「ウィキペディア」へ。

2014-06-27_14h40_03

① 調べたい単語をマウスで選択すると、ウィキペディアの検索窓に挿入され、自動で検索されます。② 引用したい部分をマウスで選択。③ 選択された部分の左上に現れる「+」ボタンをクリック。これだけで引用元リンクまでしっかりと挿入されます。

2014-06-27_14h19_30

「画像」タブをクリックすると、該当項目の画像をリストアップして、引用したい画像をマウスで選択。「+」をクリックすれば、Word文書のカーソルが置かれた部分に挿入されます。

2014-06-27_14h25_06

Wordアプリ「ウィキペディア」は快適すぎます。

インストール方法

Office専用アプリ「ウィキペディア」のインストールは以下の通りです。

Word2013のリボン「挿入」から「ストア」へゆき、ウィキペディアを検索。2014-06-27_14h13_23

画面にしたがってインストールします。

2014-06-27_14h13_53

始めて利用する場合「このアプリを信頼」するをクリック。

2014-06-27_14h15_10

これでめでたく、Officeアプリ「ウィキペディア」を利用できるようになります。

他にもOffice2013で利用できるアプリ(以前はアドインと言っていた)が沢山あるようなので、使えそうなものがあれば紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事