ソニーから「レンズカメラ」(DSC-QX10,DSC-QX100)が登場!iPhoneやAndroidに対応

スポンサーリンク

何やらソニーがスマートフォンやタブレット用のアクセサリーカメラを販売する予定とのリーク情報が流れました。スマフォのレンズに取り付けるものではなく、レンズそのものがカメラで、無線でスマートフォンから操作できるという「レンズカメラ」(DSC-QX10,DSC-QX100)。新しいカテゴリーのカメラです。

sonyの「レンズカメラ」

iPhoneやiPadのカメラレンズに取り付けた拡大スコープ関連のアクセサリーはいくつかあるのですが、今回ソニーが発売するとされる「レンズカメラ」(DSC-QX10,DSC-QX100という製品名もリーク情報)は、上のリーク画像からお分かりのようにスマフォのレンズそのものを拡張するもではなく「レンズカメラ」本体がカメラとして機能し、モニターや操作部はスマートフォンのアプリが担当するわけです。

スマートフォンの固定パーツが付属しているが分かりますが、本体の磁石によってもスマートフォンと合体可能かもとのこと。

「レンズカメラ」とスマフォ本体との通信は、WiFiもしくはNFCのようです。

発売される2機種のうち上位モデルは「DSC-QX100」で、サイバーショット DSC-RX100M2 のレンズと同等の性能があり、下位モデル「DSC-QX10」は光学10倍ズームレンズ (F値3.3 – 5.9)および1/2.3インチの1800万画素センサ搭載です。

今回、ソニーが新たに開拓する商品「レンズカメラ」によって、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の不要論が上がっていますが、普及するかどうかは甚だ疑問と思わざるを得ません。というのはスマートフォンやタブレットに全く依存したカメラだからです。(しかし私は買うかもしれません。)

sonyalpharumors
Engadget Japanese

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事