【NHK速報】ソフトバンクが米国3位の携帯電話会社「スプリント・ネクステル」を1兆円で買収する計画

スポンサーリンク

ソフトバンクが米国第三位の契約数をほこるスプリント・ネクステルを1兆円で買収する計画がNHKで報道されました。孫正義社長の野望は世界に向けられています。

image

NHKで先ほど、速報としてソフトバンクの米国進出の計画が報道されました。なんと北米第三位の携帯電話契約数をほこるスプリント・ネクステルの株式の3分の2を取得して、事実上の買収に踏み切るというのです。買収額は1兆円に上るそうです。

北米も日本と同様にLTEが普及しつつあり、ソフトバンクはスプリントを買収して、携帯電話事業で世界進出を計る構想があるようです。

image

ソフトバンクは先日、イー・アクセスを子会社化の発表をしており、日本では事実上KDDIを抜いて第2位の携帯電話会社となっています。

そこで先ほどNHKで報道されたように、AT&Tとベライゾン・ワイヤレスに続いて北米第三位のスプリント・ネクステルを子会社化するなら、契約数は一気に9000万件となり、世界的にトップレベルの携帯電話会社となるかもしれません。

ソフトバンクグループの孫社長の存在は日を追うごとに、iPhoneのアップルを始めノアキ、サムスンなどスマートフォンなどの携帯電話製造会社にとって、抜き差しならぬものとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事