「Google+」(グーグルプラス)とは?Facebookの牙城を崩せるほどの新SNSになれるかな?

スポンサーリンク

グーグルは独自のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を開始しました。「Google+」(グーグルプラス)というものです。主要な機能はFacebookとかなり似ています。では「グーグルプラス」とは?

image

2011年9月21日追記:9月20日より「招待制」から一般会員登録が可能になるベータ版に移行しました。それに伴って、Google+のアンドロイド・アプリが登場し、スマートフォンの全部カメラを利用して、ビデオチャット「Hangouts」の利用が可能になりました。他にも新たな機能が追加されています。image

グーグルは以前から「Google Buzz」と言われるSNSを立ちあげていますが、普及には至っていず、成功とは程遠いサービスとなっています。

今回はモバイルに重点を置いた新SNS「Google+」(グーグルプラス)を試験的なサービスとしてリリースしました。Facebookへの対抗心丸出しと言われています。以下に主要なサービスをご紹介します。Google+ プロジェクト

サークル機能

Facebookでいうところの「グループ」で「友達」を様々なタイプでひもづけたものが「サークル」です。フェイスブックが友達を全てひとくくりにしていますが、「グーグルプラス」では、趣味の友達サークル、会社関係サークル、家族サークルなど人間関係を様々なグループに分ける機能が特徴的です。そのリストはかなりビジュアルで円を描いています。

またFacebookとの大きな違いは、「グーグルプラス」のアカウントを持っていない人 をGメールだけで友人のように、サークル・リストに入れ共有可能です。

image

Sparks(スパークス)機能

これはシンプルに記事や動画、写真の共有機能のことでしょう。友人ががお勧めの動画や写真を気軽にチェックできるようです。これは検索に強いgoogle自身がユーザーの関心に応じて、フィードを更新できるシステムのようです。

image

ビデオチャットルーム機能

日本人向けとは思いませんが、これはかなり使えそうな機能ですね。「サークル」仲間と気軽にビデオチャットできる機能です。スカイプのビデオ通話やチャットのようなものですね。

image

他にも最大10人までの可能な「グループチャット」や画像を簡単にアップロードできる「インスタント アップロード アプリ」も用意されています。

image

今回はまだ、実験的なサービスにとどまっています。「Google+」(グーグルプラスワン)の中で、ときわ斬新なサービスは見当たりませんね。どこまでFacebookの牙城を崩せるかを達観してゆきます。

なおこの試験的なサービスに参加してみたい方は、上記のリンクから「参加する」をクリックして招待状をもらうことができるよですよ。現在ではベータ版として一般公開され、会員規約を満たせばだれでも登録可能になりました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事