駆け出しアフィリエイターへの警告!?Google ウェブマスターのご助言に納得したわけとは?

スポンサーリンク

先ほどGoolgeからメールをいただいて少し”ドキ!”としました。「アフィリエイトを導入されているウェブマスターの皆さまへ」という件名です。どうやらGoogleは”お小遣い稼ぎ目的で薄っぺらなコンテンツを作成して、ネット空間を浪費するのはやめなさいよ!”と言っているようです。その真相は?

image

アフィリエイト初心者へのメッセージ

「Google ウェブマスター向け公式ブログ」の更新の知らせをメールで受け取っているのですが、ときどき”ドキ!”とする内容のものがあります。今回のメールの内容は、アフィリエイトを導入されているウェブマスターの皆さまへで明らかになっているものです。それによると

初心者のままのアフィリエイターは、ウェブマスター向けガイドラインをもう一度見直して、質の高いオリジナルなコンテンツを作成せよ!

というメッセージが込められていたような気がします。私もまだ”駆け出しブロガー”の範疇を抜け出ていませんので真摯に受け止める必要があります。

その記事によると、具体的にどんなアフィリエイト目的のサイトが「違反するのか」を具体的な事例で取り上げられていました。以下のようなブログでした。

image

日記型の更新ブログのようです。確かにユーザーに役立つと言えるほどのものではありませんし、独自性(オリジナリティー)に富むとは言い難いですね。(画像でも入れたら少しは独自の「ド」ぐらいまでにはアップしそうですが。)

さらにその記事には

こうしたサイトが長く Google の検索結果で上位表示されることはほとんどありませアフィリエイトを利用し、検索結果にも表示させたい場合は、一度ユーザー目線でサイトを見直し、ユーザーが繰り返し訪れるようなサイトを目指しましょう。そのためにはまず、他のサイトにはない独自コンテンツを考えてみることをお勧めします。

どうやら、上記のような投稿記事を作成したら、短期間は「上位表示」される場合もあるよ!と言っているような気がしますが、しかしすぐに検索ランキング外に押しやられるのでしょう!

スポンサーリンク

アフィリエイトに王道なし

ではどうすればいいのか?上記の引用では「ユーザーが繰り返し訪れるようなサイト」を作るようにとあります。ではそんなサイトとはどのようなものなのでしょうか?

最後のほうには、既存の製品情報に付加価値を付けるための方法として、

あなた自身の体験談を写真付きでまとめてあれば、それは立派な独自記事です。

とありました。アフィリエイトの基本ですね。私は商品の使用感についての口コミ(レビュー)はそれほどありません。しかし最近はこんな記事を書きました。

image

こんな感じがgoogleウエブマスター向けガイドラインの独自性と言えるのかどうか分かりませんが、世界に一つだけの体験談であることは間違いないといえます。

個人ニュースブログは頻繁に更新しやすいとは言え、あまり独自性を出せるカテゴリーではありません。しかし、駆け出しブロガーとして、今回のようなグーグルからの「お知らせ」は貴重なブログ運営のための方向修正を与える機会となります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事