【レビュー】格安SIMを利用できるLTE対応モバイルルータ「FS010W」の私的な評判

スポンサーリンク

またまた私的な評判つまりレビューです。今回は格安SIMの中でも評判の良い「OCN モバイル ONE」とLTE対応モバイルルータ「FS010W」を利用してみました。以下に設定方法から回線スピードテストまでメモします。電波感度良好でダウンロードスピードも快適でしたよ。

格安「OCN モバイル ONE」とLTE対応モバイルルータ「FS010W」


SIMフリーモバイルルータと格安SIM

キャンペーン価格で半額セールになっているSIMフリーLTE対応モバイルWiFiルーター(富士ソフト)「FS010W」を SIMフリースマホ&ルータ大特価際 – NTTコムストア から購入し利用してみました。ルータ本体(端末)が半額になっているだけでなく、「OCN モバイル ONE 標準SIM」がセットになって超お買い得でした。

FS010W 」(富士ソフト)はそれほど多機能ではないものの、ドコモのLTEの3つのバンドBand1、Band19、Band21(2GHz/1.5GHz/800MHz帯)に対応しているので電波をしっかり捉え、しかも超軽量手ひらサイズのモバイルルータです。LTE通信でしっかり8時間連続使用可能です。(←カタログ仕様)

image

スポンサーリンク

設定

まず使えるようにマイクロUSBでしっかり充電してあげてください。。ACアダプターが付属していますよ。(以下の画像は3Gを捉えていますが、以下の設定ですぐにLTEも捉えてくれましたよ。)

image

「OCN モバイル ONE」の利用登録はあらかじめ 情報登録 で済ませてAPN接続情報を入手しておきます。(登録に必要なのはSIMカードパッケージに記載されている「発信番号」と「端末製造番号」およびクレジットカードです。)

APN接続情報は固有のものが割り当てられますが、以下でもOKのようです。

  • APN接続先(LTE)・・・lte-d.ocn.ne.jp
  • 認証ID(ユーザー名)・・・mobileid@ocn
  • パスワード・・・mobile
  • 認証方式・・・CHAP

SIMカード(OCN モバイル ONE)をルータ本体に装填します。ICチップに触れないように慎重に取り外しましょう。サイズは標準SIMです。

image

モバイルルータ(「FS010W」)の側面にあるSIMスロットにIC部分を上にして装填します。カチャッと音がするまで押し込みます。(もちろん電源を切った状態でね。)

image

つぎに本体上部側面の電源ボタンを長押して起動させ、パソコン(iPadやiPhoneなどモバイルでもOK)でWi-Fi(ワイヤレス)ネットワークから「FS010W_XXXX」を探して、本体裏に記載されているパスワード(WPA2 KEY)で接続します。

image

接続したパソコン(iPad/iPhone)のブラウザを立ち上げhttp://192.168.255.1でルータ設定画面を開き、パスワード「1234」でログイン。続いて「OCN モバイル ONE」のAPN接続情報(上記参照)を入力し保存します。(下の画像ではプロファイル名に全角かな文字を利用していますが、半角英数字と記号でしか設定できませんので注意してください。)

image

これでモバイルルータ「FS010W」を「OCN モバイル ONE」のSIMカードで使えるようになりました。

スピードチェック

さてLTEのスピードチェックをしてみます。

iPadで回線スピード計測アプリ Speedtest.net Mobile Speed Test を用いてか確認すると、以下の通りでした。平日午前10時の時点で最高速度は以下のように11.51Mbpsです。結構速いですね。九州のど田舎でしっかり使えます。

2015-01-23_10h12_52

以上、格安SIMカード「OCN モバイル ONE」とドコモのLTE (3バンド対応)を利用できる満足度ばっちりモバイルルータ「FS010W」の私的な評判(レビュー)でした。なお、高速WiFiIEEE802.11acが利用可能で、固定回線のアクセスポイントとしても利用可能なグレードる付のLTE対応モバイルルータは以下の「NEC Aterm MR03LN」がSIMカードとセットで販売されております。

後悔したいくない方はこれがいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. 湧水社 より:

    楽天モバイルのSIMで使えなかったので大変助かりました!
    どうもありがとうございました☆☆☆