【Windows8メモ】ワンクリックでシャットダウンする方法!ショートカットが一番便利

スポンサーリンク

Windows8を使い始めて一番なじめなかったのは、デスクトップのスタートボタンからシャットダウンができくなったことでした。しかし最短でシャットダウンする便利な方法が分かりました。シャットダウンするためのショートカットをデスクトップに配置すれば、一発で完了です。

image


Windows8のシャットダウンの方法

Windows8のシャットダウンの方法はいくつかありますが、以下の2つその代表です。

1.「Alt」+「F4」からシャットダウンメニューを呼び出す

image

2.チャームから「電源」を呼び出し「シャットダウン」をクリック。

image

しかしいずれも、両手を使ったり、4回もクリックしなければならないなどめんどくさいですね。

スポンサーリンク

シャットダウンのショートカットを作成

しかしWindows8の攻略本を見ると、デスクトップに電源ボタン(ショートカットを)を置く方法が記されていました。以下が電源ボタンの作成方法です。

まず、デスクトップで右クリックして、「ショートカット」を押します。

image

ショートカット作成画面が現れますので、文字列「Shutdown.exe /s /hybrid /t 0」を記入します。(半角スペースや最後の文字ゼロに注意)「次へ」。

image

分かり易い名前を付けます。ここでは「シャットダウン」とします。最後に「完了」です。image

デスクトップにシャットダウンのショートカットを作成できました。アイコンも変更しておきます。ボタンを右クリックして、「プロパティ」へ。

image

「アイコン変更」をクリック。

image

分かりやすいアイコン(以下はWindowsのアイコン)から選びます。最後に「OK」です。

image

同様に「再起動」ボタンも作ってみました。ショートカットは「Shutdown.exe /r /t 0」です。

image

Windows8をディスクトップ中心に利用している方なら、上記の方法で、ほぼ一発でシャットダウンや再起動を行えるようになります。上記のショートカットをクイックランチャーに入れるならもっと早いですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事