WordPressブログでカテゴライズSEOを実施する方法!ひとまずプラグイン導入を!

スポンサーリンク

ジャンルを指定しないブログが流行のようですが、SEO(検索エンジン最適化)に関してはジャンルを指定しているブログには及ばないようです。しかしジャンル指定しないブログでもカテゴライズSEOなるもの施すことがSEO的には良いようです。そこでサイドバー(ウィジェット)の最近の記事一覧を、現在表示されている記事が属しているカテゴリー内から表示させることができるプラグインを使ってみました。

image


カテゴライズSEO

最近有名ブロガーたちがこぞって検索エンジンからのトラフィック減からの回帰を狙い、ジャンルをしてしないブログでも施せるSEOテクニックを話題にしています。

このブログのように、モバイルに関する話題を多く書くのに、時々 健康に関する記事も書くブログがあったとしましょう。その健康に関する記事を見るとサイドバーにはモバイルやPCに関する記事が並んでいるなら、検索エンジンはそのページを分析するにあたり、関係の無いキーワードやコンテンツが並んでいると評価し、ランキングが落ちる傾向にある、というわけです。

そこで、カテゴライズSEOの出番です。このブログのように分野を指定しない雑多なブログでも、記事をカテゴライズし、なおかつ、サイドバーの最近の投稿にはその記事が属するカテゴリーからの関連記事を含めることです。

たとえばメインに表示中の健康に関する記事になら、カテゴリの「健康」から関連記事をサイドバーに表示させるというものです。

スポンサーリンク

関連カテゴリーを表示するプラグイン

WordPressではそれを手っ取り早く行ってくれるプラグインが多数あります。今日はその中でも日本語対応になっている、「Widgets of Posts by Same Categories」を導入してみました。

インストールはWorpdressのダッシュボードから可能です。

インストール後は、「外観」から「ウィジェット」を選択すると「Widgets of Posts by Same Categories」が表示されますので、ドラッグ&ドロップで「サイドバー」などへ追加します。

設定は以下のように、「最大表示数」「並び順」「カテゴリにリンクを貼る」かどうか、「除外したいカテゴリ(ID)」をなどを指定できます。

image

結果は以下のように、健康に関する記事の場合、右のサイドバーにはカテゴリ「健康」からの最近の投稿が表示されました。

image

このプラグインではアイキャッチ画像がありませんので、近い将来に画像も表示できるようにしたいと考えています。(以前のように)

以上が最近話題になっているカテゴライズSEOを、このブログのような雑多なブログでも簡単に施す方法でした。あまりプラグインは使いたくないけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事