[Google Chrome]拡張編(21)SEO丸分かりツール「SEO for Chrome」や「PageRank Status」

スポンサーリンク

頻繁に更新することに意味があるブログでは、SEO対策に時間や資産を投じることはほとんど意味がありませんが、SEO状況は若干ですが気になります。そこで、Google Chrome拡張機能(エクステンション)の「SEO for Chrome」をインストールしてみました。検索エンジンのデータ、Googleページランク、ソーシャルの言及、エラーのチェックなどをしてくれるのである程度役に立ちそうです。また、主にGoogleページランクをチェックしたい方は同じくGoogle Chrome拡張である「PageRank Status」がおススメですね。

image

「SEO for Chrome」

インストールはSEO for Chromeからどうぞ。以下の要領で。

image

無事にSEO for Chromeがインストールされたら、右上に「SEO」のアイコンが出てきます。

image

使い方は以下のように、調べたいWebサイトやブログのページをChromeで開いて「SEO」のアイコンをクリックするだけです。

最初は検索エンジン情報が出てきます。インデックス数やGoogleページランクなど。(どうやら正確さが怪しいですね。)

image

下にスクロールしていくと、ソーシャルネットワーキング(Facebook、Twitter、Google+など)やブックマークサービスでの言及なども確認できます。(このブログのトップページへの言及はほとんどありません。さびしい!)

image

エラーチェックなども可能のようです。このブログでは、robots.txtが存在しないようです。なぜならば設置していないからです。しかし気持ち悪いので近いうちに設置したいと思います。(robots.txtとは、Googleクローラーにブログの中でインデックスしてほしくないページURLを指定するテキストファイルです。)

image

「PageRank Status」

ちなみにGoogleのページランクだけを調べたい方は、Google Chrome拡張「 PageRank Status」で十分かも。

image

ページを開くだけで、ツールバーのアイコン上にページランクが記されます。それをクリックすれば、Alexaランク情報なども確認できます。

上記で紹介した「SEO for Chrome」や「PageRank Status」はWebサイトを沢山管理するひとが重宝するGoogle Chrome拡張であることは間違いないようです。しかし個人が本当の意味で効率を上げるには、ブログを一つに絞り集中することが大切と言われています。そしてブログは頻繁に更新することに意味があるので、SEO対策に多くの時間や金銭を投じることは大きなマイナスになるので注意したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事