[Google Chrome]拡張編(16)Googleリーダーの広告やNGワードをフィルタリング「Google Reader Filter Per Feed/Folder」

スポンサーリンク

Googleリーダーで読みたくない広告や破廉恥なエントリーが含まれるフィードが目に飛び込んでこないようにフィルタリングしてくれるGoogl Chrome エクステンションを見つけました。「Google Reader Filter Per Feed/Folder」の紹介です。

image

目ざわりなフィードをフィルタリング

ブロガーのネタ探ツールで必須の Googleリーダーですが、広告や下ネタがどうしてもフィードに紛れ込みますね。広告は仕方ないとして、破廉恥なNGワードが含まれたフィードは精神的にマイナスです。

たとえば「はてなブックマーク」の「最近の人気エントリー」のRSS登録は、今話題の記事がアップされるので、ホットな情報の収集として役立つのですが、中には見たくもない卑猥な「2ちゃんねる」まとめ記事などがエントリーされます。

以上のような広告や自分なりのNGワードが含まれるフィードを、簡単にGoogleリーダーで表示されないようにするGoogl Chrome エクステンション(拡張)があります。「Google Reader Filter Per Feed/Folder」というスクリプトです。

スポンサーリンク

「Google Reader Filter Per Feed/Folder」

このスクリプトのインストールはこちらからです。

image

左下に警告が表示されますので「続行」をクリック。(信頼できないと思う方は破棄を選択して中止してください。あくまでも自己責任で。)image

最後に「追加」をクリックして、スクリプトのインストール完了です。

imageChromeのシークレットモードでも利用する場合は、Chormeの「ツール」から「拡張機能」へ行き、「Ggle Reader Filter Per Feed/Folder」の欄でプルダウンメニューをクリックして、「シークレッドモードでの実行を許可する」にチェックを入れて置きます。

image

フィルタリングの使い方

使い方はいたって簡単です。Googleリーダーを開いて上部に表れる「Toggle Filter」をクリック。フィルタリングボックス内にフィルタリングしたいキーワードを入力します。例えば広告をシャットアウトしたい場合「PR」「AD」を入力します。

image

しばらくすると、「PR」や「AD」で表示される広告は消えました。(なお、フィルタリングを一時的に停止したい場合は、ボックスの「Temporarily Stop Filtering」(③)をクリックするだけです。)

image

NGワード入りのフィードを消したい場合は、キーワードを追加すればいいだけですね。

image

最後にもう一度「Toggle Filter」をクリックして「フィルターボックス」を非表示にできます。あとはいつもどおりに、速読で気になるタイトル見出しをチェックしてゆくだけです。

この機能はGoogleリーダーのフォルダごとに可能です。

個別のフィード(エントリー)を削除したい場合は、各エントリーの最後に出てくる「QF」をクリックして、ポップアップ表示された確認を「OK」するだけです。

image

そうすると上部の「フィルタリングボックス」内に非表示されたエントリータイトルが表示されます。最後にもう一度「Toggle Filter」をクリックすると、ボックスは非表示されます。

image

Googleリーダーはブロガーに超役立つツールですが、広告や破廉恥極まりない雑音といえるエントリーも紛れ込みます。そんな時に上記のようにGoogle拡張「Google Reader Filter Per Feed/Folder」でフィルタリングして、仕事の効率を高めてゆきたいですね。

ちなみにGoogleリーダーを快適に使う「Google拡張」として以前に[Google Chrome]拡張編(2)Googleリーダーを便利に使えるエクステンションを厳選して2つ紹介!を書きました。

その他のお役立ちエクステンションは、Google Chrome やその拡張(エクステンション)からどうぞ。

追記:上記のエクステンションを利用し始めた次の日からGoogleリーダーにログインするとChromeが「このページには安全でないコンテンツが含まれています」と警告するようになりました。

image

無理やり「読み込む」と以下のような危険度の高い警告が表示されした。

image

上記の場合の詳細はGoogle Chrome ヘルプをご覧ください。自己責任でエクステンションを利用しましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事