お得!「Google Drive(グーグルドライブ)」正式登場!Dropboxの半額以下でGmailが25GB増量付き

スポンサーリンク

憶測が先行したGoogleのオンラインストレージ!「Google Drive(グーグルドライブ゙)」が正式登場しました。やっと!という感じですね。有料プランは大御所Dropbox(ドロップボックス)の半額以下です。有料にプランに移行すればGmailの容量が25GBまで増量されるので、かなりお得感があります。

image

「Google Drive(グーグルドライブ)」

Googleが満を持して(しかし遅ればせながら)、リリースしたオンラインストレージサービス「Google Drive」の全容が明らかになりました。既存のサービスに対抗する最大のポイントは料金ですが、予想どおり有料/無料の境目は5GBでした。しかし驚きの価格です。

料金プラン

「Google Drive」の料金体系は、まずお試しプランとしての位置づけで 5 GBまでが無料。公式発表は以下の通り。最大16TBまで増量可能が驚きですね。

■ ~5 GB・・・無料
■ ~25 GB・・・$2.49 / 月
■ ~100 GB・・・$4.99 / 月
■ ~1TB・・・・$49.99/ 月
・・・
■ ~16TB・・・近日登場

image

そして、各有料プランにはGmailが25GBまで増量できる”おまけ”がついているのが、GoogleユーザーがDropboxや他のオンラインストレージから乗り換える動機づけを与えそうです。ちなみに、以下はDorpboxの料金ですが、単純比較は難しいですが、100GBの場合「Google Drive」はDorpboxの4分の1の料金です。それでGmail25GBの増量がおまけで付いてきます。

image

特徴

これも予想通りでした。つまり「Google Drive」は「Googleドキュメント」と統合されたという点です。日本語版でも、上部メニューバーの「ドキュメント」から「ドライブ」に間もなく変更されそうですし、使い始めるとすぐにボタンが変更されます。Googleドライブ

私も早速、5GBの無料プランを使うべく、Googleドライブを追加しました。

image_thumb[6]_thumb

共有・共同 機能

また単なる保存場所だけにとどまらず、Google DriveはGoogle+との連携も快適になりそうで、共有に関するツールが満載されそうですね。たとえば簡単にダウンロードURLなどを発行できたり・・・。またビジネスで利用範囲を広げるべく、共同の編集ツールとして利用できそうでう。

クライアントアプリ

ブラウザによる「Google Drive」の利用だけでなく、ローカルPCへのインストール型のクライアントアプリも登場しています。Windowsだけでなく、MacやAndroid用も同時リリースしています。近日中には、iPhone や iPad用のクライアントアプリも登場予定です。やっぱりこれがないとな・・・。

■ Windows
■ Mac
■ Android
■ iPhone、 iPad(近日リリース)

ファイルの種類

さて、肝心かなめの対応ファイルの種類ですが、30種類以上のファイルが使えるとのこと。その中には「Illustrator」や「Adobe Photoshop」のファイルもOKとのことでWebデザイナーも大喜びしそうですね。

検索機能

さて、オンラインストレージの肝となる機能についてですが、”単に保存できる”だけではPCのバックアップにすぎません。日ごろ使えるオンラインストレージになるためには、必要なデータをすぐに取り出せて”なんぼ”ですね!競合のEvernote(エバーノート)が大きく飛躍した理由ではそこにありますが、「Google Drive」でも検索機能が充実しています。

得意の画像内に含まれる文字認識(OCR)が可能です。Webページスクリーンショットや新聞の切り抜きなどに含まれるテキストなどを検索してヒットさせてくれそうです。また、Google画像検索など照合して、風景などを撮影した写真もヒットさせてくれそうです。(たとえばグランドキャにオンと検索して、それに近い写真がヒットするそうです。)

以上がやっと登場した「Google Drive(グーグルドライブ)」の特徴でした。素晴らしいのはDropboxの半額以下で、Gmailユーザーに嬉しいGmail容量が25GB無料でおまけされる点ですね。

次は「Googleドライブのはじめ方」です。