日本でも「iTunes in the Cloud」始まる!アップル製端末で同期が取れて便利みたい

スポンサーリンク

「iTunes in the Cloud」が2月22日に日本でもサービス開始したようです。iTunes(アイチューンズ)の購入履歴にアクセスできる端末にダウンロードできるサービスが開始。便利みたいです!

image

iTunes in the Cloud

すでに米国では始まっているこのサービス「iTunes in the Cloud」(アイチューンズ・イン・ザ・クラウド)ですが、アップルマニアとしてiPhone、iPad、iPodなどの端末で音楽やゲームアプリを楽しんでいる人にはかなり便利な同期サービスすみたいです。アップルクラウドサービス、いわゆるiCloud(アイクラウド)の中心的な機能です。アップル – iCloud

つまりiTunes(アイチューンズ)Storeから楽曲、様々なアプリ、電子書籍をダウンロード購入したものは、iCloud上に購入履歴が保存されているわけですが、そのiTunesの購入履歴に同じユーザーでひも付られいる以下の端末(対応OSはiOS 4.3.3以降)でアクセスすれば簡単にダウンロードできるというものです。

■ iPhone(対応OSはiOS 4.3.3以降)
■ iPad,iPad2
■ iPod touch(第3.4)
■ Mac(iTunes 10.3.1以降)
■ Windows PC
■ Apple TV

image

もちろん今回以降、iTunesで購入したものはすべてのデバイス(自動ダウンロードをONにしている場合)で、ユーザーが意識せずに同期できるようになっているようです。

image

今は様々なスマートフォンが出回っていますが、自宅ではPCやタブレット端末を利用している方は、それぞれ音楽をダウンロードしたり転送したりと面倒極まりないですね。また同じ電子書籍をスマートフォンとノートPC上で楽しむといったことはちょっと面倒な手続きが必要です。

しかし今回の「iTunes in the Cloud」は、上記のアップル製の端末から購入履歴にアクセスさえすれば、簡単に異なった端末から音楽や電子書籍やゲームを楽しめるので手間が省けます。スティーブジョブズが誰でも簡単に操作できる環境を整えてくれたことに感謝したい日本人が劇的に増えそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事