iPhone 6s mini 登場?手になじむ4インチでも、性能を抑えるなんて残念すぎる

スポンサーリンク

2015年のiPhoneは 4インチに回帰して iPhone 6s mini が登場するという噂が広がり始めております。「やっぱりね!」という声がユーザーの声で上がっております。

手になじむ4インチ iPhone 5s

2014年の大ヒット商品は iPhone 6 Plus であることは間違いなのですが、やっぱり「大きすぎた!」という声もよく聞きます。とくに日本の女子には4.7インチの iPhone 6 でさえ「大きい!」と声も上がっています。

一方、4インチサイズの iPhone 5s が「一番手になじむし、ポケットなどへの収まりも快感のレベル!片手での操作やテキスト入力も無理なし」という声がリアル現場やネットで散見されています。

Appleもその需要に答えるために、4インチサイズの iPhone 6s mini (仮)も登場させるべく開発中とのこと。これが本当なら「5S」の真の後継機となるわけです。つまり来年のサイズ別ラインナップは、5.5インチの iPhone 6s Plus、4.7インチの iPhone 6s、4.0インチの iPhone 6s mini ということに。

とはいっても「5C」のように性能を抑えたローエンドモデルになるとか。最新機種でありながらローエンドなiPhoneを持っていることを考えると、キャッシュバッグ欲しさに「5C」をつかまされた時と同じ劣等感に悩まされる人も出るかもしれません。どうせなら、4インチサイズでもハイエイドモデルとして登場させて欲しいものですね。なんせ”あのiPhone”なんですから。

3つのモデルを登場させるにはかなりの開発費が必要と考えられますが、2014年はiPhoneが一番たくさん売れた年。新機種の開発につぎ込むお金も潤沢なんでしょう。

以上、4インチに回帰するiPhone新モデル「iPhone 6s mini」 の噂でした。こうししてめでたくガジェットブログ界隈が次期iPhoneの話題を本格的にスタートさせたのでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事