\ 🎁! Amazonギフト券チャージで最大2.5% 還元中! 詳細はココから! 🎉 /

Googleフォトの代わりとなる写真保存サービス6選を徹底比較【Bic CLOUD(ビッグクラウド)/Amazon Photos/Google One/iCloud/OneDrive/Dropbox】

PC,モバイル

Googleフォトの無限アップロードが2021年6月に終了し、撮り貯めた写真や動画をどこに安全に保存するかを考慮中の皆さんのお役に立たればと思い、Googleフォトの代わりとなる写真保存サービスを比べてみました。クラウドストレージ、つまりオンラインストレージ・サービスが中心です。結論からですが、Google フォトの代わりとなるおすすめ代替サービスはAmazon Photos(Amazonフォト)でした。Amazonプライム会員なら追加料金なしで無限にフル解像度の写真(画像)を保存できます。Amazonフォトは使い勝手が悪いという評判ですが、全くそのようなことはありませんでした。以下Googleフォトの代わりに成り得る6つのサービス【Bic CLOUD(ビッグクラウド)/Amazon Photos/Google One/iCloud/OneDrive/Dropbox】を比較してみます。

スポンサーリンク

代わりを探す前に確認しよう!急がなくてもいいかも

四の五の言わずにストレージの管理 – Google フォト で以下の部分を確認してみてください。

私のGoogle アカウントでは「1年分の保存容量が残っています」と表示されます。

つまり過去の Google フォトの利用履歴を考慮すると、「あと1年は無料で Google フォト使えますよ」と言われているわけです。

つまり2021年5月までは、Google フォトを無制限に利用できましたが、6月以降はGoogle ドライブやGmailなど Google アカウント共有保存領域である15GB(無料制限枠)を消費していきますよ、というわけです。

それでも私の場合は、これまでGoogleフォト保存ペースからすろと”あと1年”もあるわけですから、かなり余裕があります。

しかし「あと1年」ではなく「数ヶ月分の保存容量が残っています」と表示される場合は同じページにある以下の2箇所から、Google アカウント共有保存領域から不要なデータを選んで削除してもいいかもしれません。

  • 確認して削除
    ┗ サイズの大きい写真と動画
    ┗ 不鮮明な写真
    ┗ 他のアプリ
    ┗ スクリーンショット
  • その他の提案
    ┗ Gmail とドライブをクリーンアップ

上記の施策を実行しても、写真や動画のバックアップ領域が足りないと思われるユーザーは

  • Googleアカウントで利用できる保存容量(Googl One の有料プラン)を購入するか、
  • 以下のGoogleフォトの代わりのとなるサービスを検討する

ことができます。

Google フォトの代わりとなるサービス6選【比較表】

Googleフォトの代わりとなる写真やビデオの保存サービスでしばしば取り上げられるものは以下の6つです。いずれのサービスもGoogle フォトのようにスマホや PC から写真やビデオを自動アップロードする機能が含まれています。

  • Bic CLOUD(ビッグクラウド):ビッグカメラが運営するクラウドストレージサービス。端末は3台登録できる。PC版は保存容量100GBの制限があるが、スマホからのアップロードは無制限。ただし1ファイルの最大データは2GB。
  • Google One(Googleドライブ/Googleフォトの有料版)
  • iCloud(Apple):将来的にiPhoneしか利用しないならおすすめ。
  • OneDrive:最新のMicrosoft Officeソフト(Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Access/Publisher/Skype 60分通話無料)を利用可能。
  • Dropbox:軽快で使いやすさは一番。
  • Amazon Photos【👑 最強】:プライム会員なら画像は高画質つまりフル解像度で保存可能。

いずれも、いわゆるオンラインストレージサービスと言われているもので、写真やビデオに限らず、ドキュメントファイルなど様々なファイルを保存することができます。ただし、Amazonフォトだけが、Gooleフォトのように画像・動画に特化したものです。(Amazonのオンラインストレージサービスは「Amazonドライブ」で5GBまで無料です。プライム会員かどうかは問いません。)

以下の表はGoogleフォトの代わりと成り得る上記の6つのサービスの料金プランを比較したものです。写真と動画の保存領域を含めた料金プランですが、「Amazonフォト(プライム会員)」だけは動画を別にしています。なぜなら動画はプライム会員であるかどうかに関わりなく、別扱いだからです。(以下は税込)

Google One
(Google ドライブ/Googleフォト)
Bic CLOUD(ビッグカメラ)Amazon Photos
プライム会員
👑 最強
Amazon Photos
プライム会員
500円/月
4900円/年
iCloudOneDriveDropbox
2GB無料無料写真:無料
動画:無料
無料無料無料
5GB無料無料写真:無料
動画:無料
無料無料
15GB無料写真: 無料
動画:ー
50GB写真:無料
動画:ー
130円/月
100GB250円/月
(2,500円/年)
250円/月
(2,490円/年)
写真:無料
動画:250円/月(2,490円/年)
224円/月
200GB380円/月
(3,800円/年)
写真:無料
動画:ー
400円/月
1TB1,300円/月
(13,800円/年)
写真:無料
動画:1,300円/月
(13,800円/年)
12,984円/年
(最新Office利用可能)
2TB1,300円/月
(13,000円/年)
2,600円/月
(27,600円/年)
写真:無料
(写真 無制限)
動画:2,600円/月
1,300円/月1,500円/月
(14,400円/年)
無制限550円/月

【Bic CLOUD(ビッグクラウド)】月額500円で無制限

スマホからの動画・画像のアップロードは無制限という恐るべきストレージサービスをビックカメラが開始しました。サービス名は「Bic CLOUD(ビッグクラウド)」。Googleフォトの代わりとなる強力なサービスです。安心できるのはGoogleのシステムを利用している点です。

「Bic CLOUD(ビッグクラウド)」は月額は550円で、無料版はありません。

一つのアカウントで最大3台の端末を登録可能です。3台ともスマホにできますが、一つをPCにすることも可能です。ただしPCからアップロードできる容量は100GBまで定められています。でも写真や動画はほとんどがスマホからですから、実質無制限と考えて良いみたいですね。Googleフォトの代替サービスに十分なりえますね。

iOS(iPhone/iPad)かAndroidかで、バックアップできるデータの種類は以下のように違ってきます。

保存できる
データの種類
iOS(iPhone/iPad)Android
画像⭕(無制限)⭕(無制限)
動画⭕(無制限)⭕(無制限)
連絡先
カレンダー
発着信履歴
SMS
音楽
書類
システム設定
Bic CLOUD(ビッグクラウド) 保存できるファイル

PCで Bic CLOUD から 申し込み可能です。アカウントや支払いはdアカウント/au ID/My Softbankが対応です。

クレジットカードでもOKですよ。その場合は、クレジットカード情報を先に登録して、その後メールアドレスとパスコードを作成してアカウント作成となります。

■ アプリ:iOS(iPhone/iPad)Android

アプリからも登録可能です。

アプリをダウンロードしたあとに、メールアドレスとパスコード、支払い方法を選択してアカウントを作成します。

「Bic CLOUD(ビッグクラウド)」の使い方ですが、「設定」からバックアップしたい、ファイルを選択するだけです。

バックアップしたデータをスマホにダウンロード(復元)することも簡単ですよ。

【Amazonフォト】おすすめ👑!プライム会員なら写真は無制限!

上の比較表から分かるとおり、Google フォトの代わりとなるおすすめ写真保存サービスはAmazonプライム会員として利用するAmazonフォトが最強であることが分かります。

Amazonプライム会員は写真の保存量に制限なし。Amazon フォト

Amazon フォトはAmazon プライムの月会員、年会員いずれでも、写真の保存データ量は無制限です。しかもGoogle フォトのようにデータを圧縮する(データ量を少なくする)ことはありません。フル解像度で保存できます。

🎉 Amazonプライム会員 🎁
Googleフォトで写真を無制限に保存
+ 送料無料
ビデオ見放題 etc

しかしAmazon フォトの無制限保存は写真のみであって、ビデオや動画は無制限ではありません。追加料金を払わなければ、5 GB までしか保存できません。

■ Amazon Photos ダウンロード

動画つまりスマホで撮ったビデオもたくさん保存したいなら、Amazon フォトではない別のサービスを使う選択肢もあります。いずれにしろYoutubeのような動画共有サービスを除いて動画を無制限に保存できるクラウドサービスはありませんから、慎重に検討する必要がありますね。

動画も沢山保存したい場合も、私ならプライム会員としてAmazon フォトを利用します。動画が5GBを超えたなら、有料プランに加入するつもりだからです。(私のAmazonアカウントでは、現在 動画も保存できるAmazonドライブの無料保存枠は15GBあります。通常よりも10GB分多いです。以前の様々な特典が積み上がったものです。繰り返しますが、通常は動画も保存できAmazonドライブの無料枠は5GBです。)

ちなみに1GBで保存できる動画の時間は画質ごとに以下の通り。(参考 iPhone iOS 14)

  • HD(720p,30fps):25分
  • フルHD(1080p,30fps):17分
  • フルHD(1080p,60fps):11分

もし動画だけを別のサービス、例えばGoogle Oneを使うという選択にするなら、写真は Amazonフォト、動画は Google One にするという非常に煩雑な事を行わなければならなくなります。

しかしプライム会員として動画も写真もAmazonフォトだけを利用するということにしておけば、Amazonフォトの自動アップロード機能を有効(ON )にしておくだけで全て自動で保存できるようになります。Google フォトと同じ環境を実現できるのです。動画の5GB以上は料金がかかりますけどね。

動画だけはAmazonフォトには保存したくない場合は、動画(ビデオ)だけ自動アップロードしない設定すればOKです。

Amazon フォトの自動アップロードを写真のみにする設定。ビデオの自動保存はオフへ。
Amazon フォトの自動アップロードを写真のみにする設定。ビデオの自動保存はオフへ。

Amazonフォトの悪評は本当か

以上のようにGoogle フォトの代わりとなる最強の写真保存サービスはAmazon フォトですが、レビューブログやが大手のガジェットブログでは、Amazonフォトの”使い勝手が悪い”という悪評を取り上げているものがあります。

確かにAmazonフォトのリリース当初は不具合がありました。

しかし最近では使い勝手がすこぶる良くなっています。Google フォトをこれまで使ってこられたユーザーでも、Amazon フォトの思い出機能やAI による写真のカテゴリ分けが、Google フォトと遜色のないものであることに満足するでしょう。

Amazonフォトによる写真の自動整理機能。

また日付で写真を探すためのスクロールボタンを仕えば、爆速でお目当ての写真までたどり付けます。これもGoogleフォトと同じです。

日付ボタンを上下にスライドしながらスピーディーに写真を探せるーAmazon フォト
日付ボタンを上下にスライドしながらスピーディーに写真を探せるーAmazon フォト

以下のようにAmazonフォトでも、「去年の今日」の写真「一昨年の今日」の通知が可能で、自動で思い出を振り返ることも可能です。

またAmazon フォトは、Windows PC でもAndroidスマホでも利用できます。いずれの端末でも写真の自動アップロード機能がありますので、Amazonフォトに写真や動画をまとめて保存することができます。使い勝手は googleフォトと互角です。

Amazon Fire TV Stick との連携も可能です。アップロードした写真や動画をFire TV Stick を指した大画面テレビで映し出せたり、探せたりできます。

確かにAmazonフォトはGoogleフォトのように操作性が抜群とは言い切れませんが、Amazonプライムのおまけとして写真の無限保存アルバム(ストレージ)を確保できるのは最高のコスパではないでしょうか?

Amazon フォトは以前のGoogleフォトのように無料ではありませんから、突然サービスを終了させるということはないでしょう。

🎉 Amazonプライム会員 🎁
Googleフォトで写真を無制限に保存
+ 送料無料
ビデオ見放題 etc

【Google One】は最高の機能を提供

比較的新しいGoogleのサービス「Google One」は、Googleフォトの代わりとなる写真ビデオの保存サービスです。

■ Google One ダウンロード

といってもGoogle One は Googleフォトと全く別のサービスというわけではありません。

「Googleアカウントのストレージ」(保存領域)とGoogle One/Google ドライブ/Googleフォの関係。
「Googleアカウントのストレージ」(保存領域)とGoogle One/Google ドライブ/Googleフォの関係。

Google One メンバーシップは、Googleフォトを始めとするGoogleアプリ(Google One/Google ドライブ/Googleフォト/Gmail 等)が利用する「Googleアカウントのストレージ」(保存領域)を共有するサービスです。

Google One メンバーシップは、Googleフォトを始めとするGoogleアプリ(Google One/Google ドライブ/Googleフォト/Gmail 等)が利用する「Googleアカウントのストレージ」(保存領域)を共有する。
Google One メンバーシップは、Googleフォトを始めとするGoogleアプリ(Google One/Google ドライブ/Googleフォト/Gmail 等)が利用する「Googleアカウントのストレージ」(保存領域)を共有する。

アプリそれぞれの機能は以下の通りです。

機能⬇\アプリ名➔Google ドライブGoogleフォトGoogle One
端末間の多様なファイルの同期××
写真/ビデオのバックアップ🔺⭕(データを削減して高画質で保存可能)⭕(フル解像度で保存)
スマホのデータのバックアップ
(連絡先・カレンダー 等)
××

上の3つのGoogleアプリやGmailなどが利用する保存領域すべてが合計されて保存容量がカウントされ「Googleアカウントのストレージ」に保存されてます。その料金プランごとに容量の限界が以下のように決まっています。

最大 5人の家族とストレージを共有できるというGoogle One の特典を受けることが可能です。

Google フォトは写真を高解像度で圧縮しデータを削減してくれるので、これからもGoogleフォトを利用してきたいと思われる方は沢山いると思います。その場合はGoogle One のメンバーシップに加入し、有料プランを選択するしましょう。

■ 公式ページ:Google One

【iCloud】スマホをiPhoneから乗り換えないならおすすめ!

iPhone/iPadユーザーなら幾度となく「iCloudストレージがいっぱいです」というわずらわしい通知に悩まされた方も多いはずです。写真を始めとするバックアップデータがiCloudの無料枠である 5GB を圧迫させることでこの通知が届いていたわけです。

これまでは、私をはじめ多くのiPhoneユーザーは写真やビデオがiCloudの無料枠を圧迫するのを避けるため、無制限にバックアップできる、とは言っても高画質を保ちながらデータは圧縮されますが、Google フォトを利用してきたと思います。その無制限は2021年の6月で終了となったわけです。

iPhone ユーザーなら写真の保存場所をGoogle フォトからiCloud に変更するのは比較的簡単でしょう。月額130円で50 GB の保存領域が与えられます。写真だけなら数年分は保存できるかもしれません。

iCloudの有料プランを選択し、写真のバックアップをONへ。

しかし注意が必要です。iCloud は iPhone との親和性が高くても、Android スマホとは相性が良くありません。Androidスマホで快適に iCloud を利用できる環境は実現できないからです。確かにサードパーティ製のアプリはありますが、快適に保存できるわけではありません。

したがってGoogle フォトから iCloud に乗り換えるユーザーは、スマホは当面の間 iPhone しか利用しないという固い決意を持っていなければなりません。

ですからiPhone からAndroid スマホに乗り換える可能性が十分にある場合、Google フォトの代わりとして iCloud で写真や動画をバックアップすることはやめたほうがいいでしょう。

【OneDrive】 最新のOfficeを使いたいなら超おすすめ!

Google フォトの代わりとなるオンラインストレージサービスを考えてきましたが、Microsoft のOneDrive はWindows PC を使っている人にとって、特に Word/Excel/PowerPoint などのMicrosoft Office アプリケーションを使っている人には非常に勧めです。私も加入しています。

■ Microsoft OneDrive ダウンロード

OneDriveはGoogleフォトやAmazonフォト同様に、スマホの写真や動画を自動でアップロードする機能だけでなく、写真の日付検索機能やリマインド(思い出)機能も完備されています。

また編集機能にも力を入れており、画像の回転色調補正ができるようになりました。

Googleフォトの代わりになるMicrosoft OneDrive。
Googleフォトの代わりになるMicrosoft OneDrive。

Microsoft OneDrive 写真・動画の自動アップロード機能はGoogleフォトと同じ使い勝手。
Microsoft OneDrive 写真・動画の自動アップロード機能はGoogleフォトと同じ使い勝手。

日付のスライダーで超速で撮影日の写真やビデオにたどり着けます。

スライダーで速やかに撮影日の写真やビデオにたどり着けます
スライダーで速やかに撮影日の写真やビデオにたどり着けます

ご存知の方も多いと思いますが、最新のMicrosoft Office(Word/Excel/PowerPoint)を使えるサブスクリプション版 Microsoft 365 Personal には、1 TB(=1000GB) という保存領域の OneDrive 利用特典がついています。

■質問:1TB(1000GB)で動画はどれくらい保存できるの?
┗ ■答え:HD(720p,30fps)で416時間です。

Googleフォトの代わりに、写真やビデオをバックアップするだけでなく Windows パソコンのデータを丸ごとバックアップすることも可能です。私も使っていますが、Windows PC のデータ丸ごとバックアップは非常にありがたく快適です。ですから、Microsoft Office をあまり使っていない人でも、Windows PCを使っている方にはめっちゃおすすめです。

Microsoft 365 Personal プランの入手経路や通常/セール価格をまとめると以下の通り。

販売経路年額月換算
マイクロソフト公式サイト (月間)1,284 円
マイクロソフト公式サイト (年間)12,984 円1,082円
Amazon 通常価格11,574 円956 円
Amazon サイバーマンデー等
例:2020年12月
10,423 円869 円
Amazon クリスマスセール 等
例:2020年12月
3,000円キャッシュバッグキャンペーン
8,574 円715 円
最安

Microsoft の公式サイトでこのサブスクリプションを購入するなら年間 12,984 円(月換算1,082円)ですが、Amazonで購入すれば、月換算で1000円以下で利用できます。

私はAmazonでさらに安くなるサイバーマンデーやクリスマスセールで購入しています。2020年12月のキャッシュバックキャンペーンでは月換算で 715円となりました。この額で❶ 1TB(1000GB)の保存領域を購入し、しかも ❷ Microsoft Officeの最新版を利用し続けることができるだけでなく、❸ Windows PC の丸ごとバックアップも可能になります。最高です。

Microsoft 365 Personal(1年間有効コード)価格はタイミングに左右さますので、ひとまずAmazonの通常価格(11,574円/年)を購入し、セールの時に追加購入をしておくことで最安を維持しながらMicrosoft 365 Personalのサブスクリプション・メンバーシップを維持していけます。前回購入の有効期間が残っていても、延長で1年が追加されます。

【Dropbox】レスポンスや操作性が抜群の老舗オンラインストレージ

Google フォトの代わりに写真や動画を保存できるおすすめのストレージサービスとして最後にあげるものは、古くからあるオンラインストレージサービス Dropbox です。

私も未だに使っています。スマホとパソコン間の同期がめっちゃ速いからです。爆速です。

残念なことにDropboxは無料で使える保存領域は2 GB しかありません。

■ Dropbox ダウンロード

iOS

Android

Windows /Mac

Dropboxはいずれのスマホ、WindowsPCで写真や動画を自動でバックアップできますし、Google フォトのようにすばやくお目当ての動画や写真を探せます。特に動画のストリーミング再生機能は素晴らしいものがあります。

以上Googleフォトの代わりとなる写真や動画の保存サービスでしが、Amazonプライム会員なら、追加料金なしで写真を無限に保存できるAmazonフォトは最強ではなないでしょう!

🎉 Amazonプライム会員 🎁
Googleフォトで写真を無制限に保存
+ 送料無料
ビデオ見放題 etc

コメント