ミラーレス一眼の最高峰「FUJIFILM X-Pro1」の画質は一眼レフ以上らしい!

スポンサーリンク

今年のデジカメ市場はミラーレス一眼の人気で盛り返すそうですが、富士フィルムが画質が通常の一眼レフ以上とされるミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」を2月18日から発売開始します。ミラーレスの最高峰らしいのですが、その特徴とは?

image

「FUJIFILM X-Pro1」の最大の特徴

このミラーレスの最高峰とされる「FUJIFILM X-Pro1」の最大の特徴は富士フィルムが独自に開発したレンズと画質センサーで画質を極限まで高めることに成功したことです。

新たに開発された1630万画素APS-Cサイズの「X-Trans CMOSセンサー」によって、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えることを可能になり、レンズの持つ本来の解像力や描写力を生かすことができ、フルサイズセンサー搭載機に匹敵する高い解像感と低ノイズを実現することに成功たようです。ニュースリリース | 富士フイルム

image

上記の特徴がいかんなく発揮された写真サンプルが以下の道路の溝蓋(ふた)の写真です。自動でここまで精細画質が撮れるのが「FUJIFILM X-Pro1」のようです。

image

さらにレンズの焦点距離に合わせて自動的に倍率とフレームのサイズを自動設定します。その説明とサンプル画像は上記の記事によると以下のようにありました。

「FUJIFILM X100」でご好評の「ハイブリッドビューファインダー」を、レンズ交換式システム向けに進化させた「ハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載。光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を状況に応じて自在に切り替えられる従来からの機能に加え、装着するレンズの焦点距離に合わせてOVFの倍率(広角用/標準用)とフレームのサイズをカメラが自動的に選択します。

難しいですが、画質の自動調節機能がさらに進化したわけです。

image

別売りの以下の交換レンズ「フジノンXFレンズ」は、明るい開放値で周辺部まで高い解像感を実現する単焦点レンズ3種類(f=18mm/35mm/60mm)が用意されています。

image

冬の夜空(オリオン座)もばっちりです。

image

上記写真の設定は、
◇ シャッターモード:マニュアル
◇ サイズ:3264 X 4896
◇ 感度: ISO640
◇ Exposure Compensation: 0.0
◇ Aperture: F3.6
◇ シャッタースピード: 200
◇ Lens Focal Length: 18.0mm
◇ ホワイトバランス: AUTO

建物も背景からクッキリ浮かび上がっています。

image

60mmレンズでは近くもこんなに鮮明です。

image

image

基本スペックは以下の通り。

image

今年はますます活況を帯びるとされるミラーレス一眼市場ですが、今回富士フィルムから発売される「FUJIFILM X-Pro1」は同市場でしのぎを削る他社メーカーにボディーブローを食わせたようです。すでに本体とケースやレンズなどの専用周辺パーツは[楽天Amazon]から販売されております。本体価格は15万円ですが、すでに専用ケースやSDカードもセットされ割引で予約販売されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク