「ファイア フォン(fire PHONE)」新登場!Amazon製スマホのスペックと価格は?

スポンサーリンク

Amazonからやっと新スマホが発表されました。高スペックな「ファイア フォン(fire PHONE)」です。タブレット「キンドル ファイア」のように低価格路線ではなく高 価格。ディスプレイは3D対応で、アマゾンプライム会員には特典がいっぱいのAmazon尽くしのスマホ。日本での発売が気になります。

Amazon ファイア フォン(fire PHONE)

タブレット端末がキンドルと命名されていたので、スマホもてっきり「キンドルフォン」になろうかと思いきや、「ファイア フォン(fire PHONE)」というネーミングで登場しました。これまで私が書いた記事はいったい何だったんだろう?

スペックが気になりますが、先に価格について書いておきます。米国限定ですがキャリア(AT&T)との2年契約で32GBモデルは199.99、64GBモデルは299.99ドル。キャリを通さずに購入するなら、649ドルから。日本円で7万円程度。高いです。低価格路線だったAmazonタブレットとは違い、スマホはiPhoneやギャラクシー(サムスン)の仲間に入いりになりそうです。

スペックも相当なものがありますが、解像度はそれほどでもありません。

  • CPUは、Qualcomm Snapdragon 800 2.2GHz のクアッドコア、メモリは2GB,
  • 本体:139.2 x 66.5 x 8.9mm
  • 重さ:160g
  • ディスプレイ:4.7インチ、HD(1280×720)、3D対応
  • CPU:2.2GHz クアッドコア Qualcomm Snapdragon 800、Adreno 330 GPU
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:32/64GB
  • カメラ・・・メイン1300万画素、4基のセンサーカメラ
  • その他・・・ Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac、NFC、Bluetooth 3.0、2400mAhバッテリー、OS:AndroidベースのFire OS 3.5.0

以上、スペックは3D映像や空間認識機能をフル活用できる高スペックとなっております。見る角度によって3D映像を最適化する機能する搭載だとか。目の位置を正確に検知してくれるからです。

また、テレビ映像で映し出されている商品や流れている音楽などを検知してAmazonで即購入にできる機能もあるそうです。

日本でもAmazonなしには生きられないみたいなブロガーたちがちらほらネット上に登場していますので、今回お目見えした新スマホである「ファイア フォン」はそのようなユーザーにはぴったりのスマホになることは間違いなさそうですよ。日本での発売が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事