カレンダー形式になった新「Evernote for Android」でタブレット端末のエバーノートがより使いやすく

スポンサーリンク

エバーノート日本語ブログによると、「Evernote for Android」のバージョンアップ版では、ホームがカレンダー形式になるなど大幅な変更があり、タブレットユーザーの利便性を高めた更新になっています。

image

カレンダー形式

最近、エバーノートはPCやiPhone、Androidなどのスマートフォンよりも、タブレット端末に適合したクラウド型ストレージサービスであるとつくづく思うようになっています。自宅のPCばかり使っている人は、すべてデスクトップで完結していますし、自宅以外では、スマートフォンで日記やメモ帳代わりにエバーノートを使っている人は相変わらず使いにくいと言っています。しかし、タブレット型端末なら自宅でも屋外でもエバーノートを快適に使えます。(歩きながらはちょっと無理っぽいが・・・。)

そのタブレットでエバーノートを利用するユーザーの利便性をさらに向上させる努力が結集されたのが、今回バージョンアップした「Evernote for Android」です。タブレット端末に最適化されています。Evernote for Android

見ての通り、カレンダー形式がホームになっておりすべてのノートへそこからアクセスでき、また検索してたどり着くことができます。端末自体の位置情報などの加味された新検索機能で必要なノートが素早くヒットするように新たな検索アルゴリズムの導入も施されているようです。

上位のブログによると、今回の「Evernote for Android」のバージョンアップの気合いの入れようが以下のようなまとめられていました。

最も要望の多いモバイル機能、書式設定したテキストやリスト、チェックボックスを含んだノートの作成機能も追加されました。さらに新しいウィジェット、大幅なスピード改善などが加えられています。

これが新しいノートを開いたときのキーボードです。その上部にエバーノートの様々な機能へのショーカットが導入され便利になっています。

はじめのボタンでノートブックの選択とタグの指定ができ、次の2つでスナップショット撮影とファイルの添付、最後のボタンで書式を設定したテキストの作成ができます。

image

スピードアップはだれもが望む改良点ですね。なお上記の新プラットホームは近々iPadようにもリリースされるようです。Clip to Evernote

スポンサーリンク

フォローする

関連記事