[レビュー]腱鞘炎になりにくい「エルゴレーザーマウス」を購入!使い心地はGoodです。

スポンサーリンク

最近いわゆるマウス腱鞘炎と呼ばれる痛みが続き、少しでも軽減できるマウスはないかと探していたところ、サンワサプライから発売されている「エルゴレーザーマウス」を見つけ購入してみました。使い心地はGoodです。以下にこの腱鞘炎になりにくいマウスのレビューを記して見ます。

image

腱鞘炎知らずのマウス

パソコンで仕事する人の多くが一度は経験すると言われているマウス腱鞘炎ですが、私も手首を中心にして甲や指、特に人差し指が激しく痛むことがありました。しかし今回「エルゴレーザーマウス」という腱鞘炎になりにくいマウスを購入して使ってみました。

少々映りが悪いですが、腱鞘炎になりにくいマウスはこんなパッケージで届きました。

image

真上から見たところです。少しいびつな形状をしています。

image

そのいびつな形は横からみればさらに良く分かります。この横のボタンを親指で操作することでブラウザのページを戻ったり、進めたりできます。

image

前から見たところ。

image

後ろから見たとこです。

image

実際マウスを握ってみると、手の自然な形にぴったりフィットします。人差し指は左クリックボタンに、中指も右クリックボタンになじむ形状になっています。力を抜いても指がずれ落ちることはありません。

image

手首もデスクから離れず、負担がかかりません。

image

ホイールボタン、4段階切り替えカウントボタン、左右クリックボタンは以下のようになっています。

image

販売元の説明によると、この「エルゴレーザーマウス」は人間工学を駆使して、マウス腱鞘炎になりにくいように開発されているとか。

使い始めたばかりですが、かなり使いやすく感じます。デメリットをあえてひとつだけ挙げれば、キーボードからマウスへ手を移す時に、一旦手首を浮かして握る必要があり、そこで手首の消耗があるという点かも。キーボードとマウスを交互に頻繁に使っている方は少し負担かもしれません。

私の場合は使い心地が抜群だったのでしばらく使ってみて、手首や指、甲の痛みが軽減されるかどうか様子見したいと思います。

なおこの「エルゴレーザーマウス」は右利き用、左利き用、無線タイプ、有線タイプがあります。気になる方は Amazon または、楽天 からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事