角川書店と「ドコモ・アニメストア」を設立!dマーケットから

スポンサーリンク

ドコモは5月末に角川書店と提携し共同で「株式会社ドコモ・アニメストア」を設立。今年(2012年)7月から月額420円でアニメ見放題サービスを始めるようです。スマートフォンで機動戦士ガンダムSEEDやルパン3世が見放題になりそうです。

image

dマーケット内の「アニメストア」

ドコモ2012年夏モデルの発表会は熱気ムンムンでした。新型スマートフォンが16機種登場して話題をさらっていました。

そこどドコモの山田社長は、スマートフォン向けアニメ配信サービスとして「アニメストア」をdマーケット内に展開することになったと発表しました。

image

月額420円で角川グループや提携会社のアニメコンテンツを供給するそうです。配信開始直後は約500タイトルで、およそ1万話の品ぞろえになります。以下は私がチェックしてるアニメです。

■ 新世紀エヴァンゲリオン
■ 未来少年コナン
■ ルパン3世
■ 機動戦士ガンダムSEED
■ 時をかける少女
■ 涼宮ハルヒの憂鬱
■ 魔法少女まどか☆マギカ
■ バカとテストと召喚獣
■ けいおん!
■ 鋼の錬金術師

ガンダム世代にはたまらないサービスかもしれません。ケータイ Watch

「アニメストア」はストリーミング再生のため画質が気になりますが、以下の3つから選択可能になりそうです。(Wi-Fi接続が断然おススメですね。)

■ 高画質・・・1.5Mbps
■ 普通・・・・500kbps
■ 軽い・・・・250kbps

加えて、「アニメストア」にはアニメファンが喜ぶ企画も計画されています。たとえば、アニメ好きの芸能人や声優のインタビュー記事なども配信されるとか。

ドコモの野望は日本国内にとどまらず、「ドコモ・アニメストア」の海外展開も視野にいれているそうです。日本のアニメが海外で人気があり、コスプレの中心的なデザインになっているほどですからね。

ところで同時期にauは映画・ドラマ見放題サービス「ビデオパス」を月額590円で開始します。スマートフォンにとどまらず、PCやタブレット端末やTVでも視聴できるサービスとなっています。

ドコモのアニメ見放題の「アニメストア」は、auの「ビデオパス」に比べると少し見劣りしますね。どこまで契約数を伸ばせるでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事