Chromeディフォルトの検索エンジンがdelta-searchになってしまう原因を突き止め回復した経緯をメモ

スポンサーリンク

しんどかった。動画編集ソフトであるフリーソフト「Free Studio」をインストールしたら、複数の迷惑プログラムまでインストールされ、Chromeのディフォルト検索エンジンを変更できなくなりました。やっと解決策を見つけたのでメモしておきます。

image

まず症状は、Chromeの初期検索エンジンがにdelta-searchになっていまい、設定からGoogleに戻してdelta-searchを削除しても、再起動後にdelta-searchになってしまうというもの。(サイトはGoogleにそっくりです。)

きっかけは、DVDVideoSoft の 「Free Studio」の中のキャプチャ―ソフト「Free Screen Video Recorder」をインストールしたことです。

こちらです。実際に利用してみて快適に使えたのはいいのですが・・・。

image

以下のように、フリーソフトの説明には、スパイウェア、アドウェア等は含まれていません、ときっぱり。確かにスパムプログラムについての言及はありません。しかし、検索エンジンを書き換える梱包プログラムはスパムですよね。(インストール時の同意書には文言があったかどうかは確認していません。梱包プログラムをインストールするチェック項目も見当たらなかったと思います?)

image

セキュリティー対策ソフト「McAfee」ではウィルス等は発見されていませんでした。

image

対策

対策として、すぐにすべてのプログラムをアンインストール。また、http://q.hatena.ne.jp/1365437925 を参考に、紛れ込んでいたプログラム「BrowserProtect」も削除。

やっとChromeの検索エンジンからdelta-searchを取り除けました。散々な目に遭い時間を浪費してしまいました。

フリーソフトを利用する場合は、くれぐれもスパムプログラムまで一緒にインストールすることがないようにしましほう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事