FOMAデータ通信が月額1770円の「BIGLOBE 3G」時間帯限定プラン登場!固定ブロードバンドとの併用で超お得!

スポンサーリンク

下り最大14MbpsのドコモのFOMAデータ通信を利用できるプラン「BIGLOBE 3G」が登場しました。早朝2時から夜20時限定プランなら月額1770円でデータ通信し放題です。夜の8時以降は固定ブロードバンドを敷いている家庭にいる方は超お得なプランです。

image

ドコモのFOMAデータ通信は最もつながり安い3G回線として、根強い人気があります。クロッシなどのLTE回線が地方まで十分普及するまでは、FOMAが主流でしょう。

そこで、このドコモのFOMAをレンタルしたデータ通信プランが各社から出てきます。最近では月額2770円の「So-net モバイル3G」が大人気ですね。モバイルルータやSIMカードをSIMロックを解除されたスマートフォンやタブレット端末に挿入して利用できます。

image

今回、使い方によっては、「So-net モバイル3G」よりお得な「BIGLOBE 3G」が登場しました。スタンダードプランは、「So-net モバイル3G」と同じで月額2770円でFOMA回線のデータ通信を24時間使い放題なのですが、利用時間帯を午前2時から午後8時に限定した「デイタイムプラン」なら月額1770円で使い放題なのです。(いずれも2年の縛りあり)

この月額1770円の「BIGLOBE モバイル3G デイタイムプラン」は、日中は屋外でスマートフォンやモバイルPC、タブレット端末でデータ通信をしている人でも、夜の8時以降はほとんど帰宅しており、家庭で固定のブロードバンド回線でインターネットをしている人向けですね。

私の周りを見渡すと、データ通信を常時利用しているほとんどはオタクタイプで、会社での残業や飲み会、学校のサークル活動などでいつも帰宅が遅くなっている人は少ないような気がします。そんな方は上記の月額1770円の「BIGLOBE モバイル3G デイタイムプラン」を使えば、ぐ~んと節約できます。24時間FOMAのデータ通信が可能な「スタンダードプラン」よりは月額1000円も安いのです。

以下は上記の24時間使える「スタンダードプラン」(2770円)とNTTドコモの「パケ・ホーダイ フラット」の利用料金との比較ですが、月々3140円もお得だという試算があります。この浮いた分を家庭のブロードバンドに回してもお釣りが出そうです。新聞代に充てたり、豪華なランチを月に一度楽しむという手もあります。

image

おまけに2012年4月1日までなら、ネットインデックス社製のモバイルルータ「RS-CV0C」(16,800円相当)を無料でもらえ、手数料までタダにしてもらえるキャンペーンもやっています。さらに、SIMロックが解除されたスマートフォンやタブレット端末を持っている人は、最大12,000円をキャッシュバックされるSIMカードを利用可能です。またお試しも可能で、2カ月間以内の解約なら9,975円の契約解除料も免除されます。

image

上記のスタンダードプランとデイタイムプランの詳しい比較と適用料金は以下の通り。なお両プランともBIGLOBE接続コースを利用していない場合は月額210円が加算されます。

image

FOMAデータ通信を月2770円で使い放題のSIMカード「So-net モバイル3G」と「050 plus」の音声通話のセットがおススメ」の記事でも紹介しましたが、この「BIGLOBE 3G」の「デイタイムプラン」を利用するなら、「050 plus」の音声通話を利用しても、月が2500円前後で利用できる計算になります。安すぎ!ただし、夜の8時から早朝2時までの6時間は上記の3Gを利用した音声電話やメールもできないことに注意!