auのiPhone下取り、ドコモのiPhoneに乗り換え?どちらがお得になるのだろう

スポンサーリンク

ドコモから新型アイフォン「iPhone 5S」または「6」が登場しそうな雲行きですが、auも黙ってはいないようです。auはソフトバンクのようにiPhoneの下取りができるように着々と準備を開始しているそうなのです。そうなれば、auのiPhone下取りとドコモのiPhoneに乗り換えでは、どちらがメリットが多いのだろう?ということになりそうですね。2つのケースを考えてみました。

auはiPhone5を下取りすることになるかも。

「自分も家族もドコモだったのに、自分だけはiPhone欲しさにauに乗り換えた」という人はかなりの数に上っていることは、昨今のドコモ一人負けという報道で明らかです。

しかしドコモから近々、新型アイフォン(恐らく「iPhone 5S」か「6」)が発売されるというもっぱらの噂です。それが事実なら、ソフトバンクやauのiPhoneユーザーは古巣のドコモに返り咲きたいと考えている人も多いようです。(家族や友人の中で自分だけがauだったらいやだもん!)

報道によると、auはどうやら近日中にドコモがiPhone市場に参入することを悟ったのか、対抗策としてアイフォンの下取りができるように、中古品取引事業へ参入する模様です。 東洋経済オンライン

2013-02-18_12h19_24

それが事実なら、auユーザーはiPhone5Sが発売された暁にはどのような行動にでるのでしょうか?

私の家族は幸い全員がauユーザーでしたから、私がガラケーからauのiPhone5へ乗り換えることにためらいはありませんでした。(iPhoneの月々の維持費がネックではありましたが・・・。)

しかし、友人や家族がドコモばっかりだったら、さすがにドコモのiPhoneに返り咲くことを考えるでしょう。2世代前のiPhone4Sを利用していたらなおさらです。

その場合に本当にお得でメリットが多いのはどちらになるかを考えるわけです。以下の2つのパターンを勝手に考えてみましあ。

  1. iPhone4S、iPhone5を下取りに出して、引き続きauのiPhoneを利用し続けるか?
  2. 下取りはしてもらえないが、ドコモに舞い戻り、家族や友人との無料通話を選択するか?

2.の場合ですが、家族や友人にガラケーが多く、スマフォの無料通話アプリ(Skype,Lineなど)が利用できない場合や、スマフォでも面倒なアプリ通話はしたくないというスマフォユーザーが多い場合には、重要な要素になるかも。

もちろん、ドコモはドコモのiPhoneへ乗り換えを促すために、様々なキャンペーンを打ち出してくるでしょう。その場合、1)のauのiPhone下取りを活用した機種変更とどちらがお得かを比較することにもなりそうです。

しかし、ドコモの社長はiPhoneを導入するなら、取扱い量は2~3割と言っていましたら、大規模にキャンペーンを実施してiPhoneへの乗り換えを促すことはないかもしれません。その場合、auのiPhoneユーザーはそのままか、下取りを活用して機種変更するのが断然お徳ということになりそうですね。

以上は、auがiPhoneの下取りを準備しているという報道を受けて、私が勝手に思いついた発想です。「iPhoneはドコモかauどちらがお得?」という問題はいずれ多くの紙面を飾ると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事