最大解読時間が1000年かかるパスワードの作成方法とは?

スポンサーリンク

「最短で3秒で解読されてしまうパスワード!」に関する話題が駆け巡っているようです。しかし最大解読時間が1000年かかるパスワードを作る方法も意外と簡単であることも知られています。ではそれはどんな文字の組み合わせでしょうか?また自動で安全度が最高のパスワードを生成して確実に忘れない方法があるのでしょうか?

image

危険な組み合わせのパスワード

「3秒で破られるパスワード」として紹介されているのは、小文字または大文字のみの4桁のローマ字からなるパスワードのようです。

きっとかなりの数の方が4文字からなるパスワードを利用しているようです。私の場合は8文字のパスワードとして危険な意味ある単語で使っていた時期がありました。おまけにネット通販、登録Webサービス、メールアドレスのなども全て共通のワードを使っていた時期がありました。今思えば無謀な方法です。

以下は同記事に掲載された解読されやすいパスワードランキングです。

  1. 同じ数字。並んだ数字。
  2. パスワードによく利用されている単語
  3. 自分の名前
  4. ユーザIDと同じもの。
  5. 誕生日の4ケタや西暦も含めた8ケタ。
  6. 電話番号

私も心当たりがあります。

以前書いた漏えいしやすいパスワードのワースト10発表!私の漏れにくいパスワードの簡単な作り方と保存の方法(無料)とは?では、ワースト10が取り上げられています。以下の通り。

image

スポンサーリンク

最大解読時間が1000年かかるパスワード

では3分でも、1時間でも、1年でも、1000年計算し続けても破れられないパスワードの作り方は無いのでしょうか?上記の記事では、現在のコンピューターの性能では、

  1. 大文字ローマ字、小文字ローマ字、数字、記号を用いて
  2. 8ケタ

の2つの条件を満たせば、最大解読時間は約1000年かかるとのこと。9ケタ以上ならさらに難解になりますね。

最高度の安全性なパスワードを自動生成して保存するツール

ちなみに私は、ログインIDやパスワードを管理できるツール「ロボフォーム」を利用していいます。そのパスワード生成機能を使うと、極めて解読しにくいパスワードを簡単に生成して、暗号化して安全に記憶してくれてるのでかなり重宝しています。

ロボフォーム(RoboForm)」(無料)をインストールすと、Webサイトのツールバーやアンダーバー、またWindowsの「タスクバー」に以下のようなアイコンが現れます。それをクリックして「ツール」から「パスワードを生成」をクリック。

image

次に
①「高度な設定」(プルダウンメニュー)をクリックします。
②「記号」を含めて全てにチェックします。
③最後に「コピー」をクリックして、クリップボードに保存。

image

その結果、8ケタ小文字、大文字、数字、記号を全て含めたパスワードが自動生成されます。この安全性を確かめるために、Yahoo!JAPAN ID を取得するためのパスワード設定に投入すると、「パスワードの安全性」は「最高」と判定されます。

image

8ケタ以上でも記号を含めないなら、判定は「中」となり安全性は著しく低下します。

image

以上のように、パスワードを千年かけて計算しても解読できないパスワードを生成するために、「大文字」「小文字」「数字」「記号(!#$&%?)」など全てを用いて8ケタ以上にしまましょう。そして、メモするのも忘れずに。

ちなみに、自動で安全なパスワード生成し、そのパスワードをログインIDとセットで暗号化して保存してくれるロボフォームに関しては、ログイン情報(ID,パスワード)の安全一括管理と自動ログインの無料ソフト決定版!ロボフォームの使い方とは?の記事からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク