「華強文化科技集団」の世界的野望とは?米国に対抗し「中国版ディズニーランド」を輸出

スポンサーリンク

「華強文化科技集団」が中国版のディズニーランドを輸出するということで話題となっています。文化科技集団の世界的野望とは?

image

「華強文化科技集団」の世界進出の野望とは?

過去にも中国においてディズニーランドなどを模倣したテーマパークが多く建設されて話題となり「パクリだ!」と世界的規模で非難を浴びたことがありますが、今度は正々堂々と、「中国版ディズニーランド」ともいえるテーマパークをイランに建設し、今年中に営業を始めるそうです。47news

それだけでなく、すでにウクライナ、南アフリカ、カタールなどとも話し合い、輸出に合意しているとか。

ここ数年間の間に「華強文化科技集団」は中国に6か所もテーマパークを建設しているそうです。

ちなみに、Googleで中国のシンデレラ城と検索すると、パクリ疑惑だらけの中国のテーマパークの写真が多数アップされているのが分かります。中には本物もあると思いますが、極めて本物に近い、酷似したキャラクターたちが大半のテーマパークのようです。

image

実際、華強文化科技集団が建設している建物は、シンデレラ城に酷似している物もあり、パクリ疑惑が浮上していますが、同社の梁光偉董事長(代表取締役)は自主的な知的財産権を所有していると主張しているとのことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク