多重債務から抜け出せ!支出を減らして貯蓄する方法!お金に強くなる方法とは?

スポンサーリンク

お金によって、家族関係、親族関係、友人関係に亀裂が入り、多重債務で借金地獄になる人が益々増えている中、間もなく「改正貸金業法」が施行されますね。「改正貸金業法」によって、年収の3分の一以上を借りることができなくなります。

多重債務から抜け出す

メディアやマネー関係の雑誌に最近よく取り上げられている情報を読みあさると、人はいかにお金に弱いかが分かります。そんな私もその一人ですね。お金はなかなか貯まらないし、安易にクレジットカードを使ってしまいます。これって黄色信号みたいです。ぜひお金に強くなりたいと思います。

では、

  • あなたは多重債務に陥りやすいタイプか?
  • 支出を減らし、貯蓄を可能にする方法とは?
  • お金に強くなる方法とは?

多重債務に陥りやすいタイプとは?

私は、「多重債務」と聞けば、そんなに怪しい言葉ではない印象をもっていますが、それを「借金地獄」という言葉に言い換えてみると、かなりきつい生活を思い出させますね。わたしの友人にも何人かいますが、多重債務で離婚し、友人を失っています。(残念)

新聞で多重債務に陥りやすいタイプがまとめられていました。ファイナンシャルプランナーの内田ふみ子氏によると、以下のタイプだそうです。(かっこは私のコメント)

  1. 定期的な貯蓄をやめた(一番手っ取り早い方法)
  2. 目的ある貯蓄を生活費として取り崩した(少し勇気がいる)
  3. クレジットカードの使用頻度が増えた(現金がないので)
  4. カードで分割払いやリボ払いが増える(すでに自転車操業)
  5. 配偶者に内緒で借金(家庭の崩壊の始まり)

多重債務を解消!

私は3番目までは経験したことがあります。さすがに「リボ払い」まではしませんでしたが・・・。

健全な家計を保つことはどうしても、万が一に備えてすこしずつ貯蓄できる予算を立てる必要がありますね。そのためには収入を増やせばいいでしょうが、それはさらに問題を増やす場合があります。

では手はないのか?いいえ、真っ先に支出を減らすのです。では生活水準を落とす前にできることことは?

スポンサーリンク

支出を減らし、貯蓄を可能にする方法とは?

人生で高価なお買いもの上位3つは何でしょうか?

  1. 保険

だそうですね。ですから、家計に占める割合が大きい、家、車、保険を見直すことが支出を減らす効果が高い方法なのです。

1.家

住宅ローンを見直し多重債務を避ける

もし住宅ローンが多く残っているなら、金融機関に相談し金利の安いローンに変更してもらえるかもしれませんし、毎月の支払いを減額してもらえるかも。

すでに多重債務に陥っている人は当然、家を手放してアパート暮らしを考える必要がありますね。

2.保険

生命保険を見直したのいつでしょうか?小さな子供がいない夫婦が高い生命保険に入る理由がどこにあるでしょうか?すでに子供が成人しているなら、数千万円の生命保険に加入し続ける必要はないのです。

中には独身なのに友人の生保レディーのすすめられるままに、数千万円の生命保険に入っている愚かな人がいるのです。生命保険より銀行に貯蓄したほうがよっぽど効率的なのす。(これを知らない人がほとんどです。生保レディーさえ保険より貯金のほうが有利であることを知りません。)

3.車

車のローンを見直し多重債務を避ける多くの家庭では車は現金で買うことなくローンが当たり前となっているようですね。(我が家は現金主義ですが・・・)しかし、大きな車、高級車は本当に必要でしょうか?もしかしたら、我が家みたいに軽自動車で十分な家庭かも。車の買い替えは車の貯蓄基金から出すようにするのはいがかでしょうか?

4.その他

現代ならでわの家計の泥棒がいます。それは携帯電話料金ですね。家族全員が携帯電話を持っている家庭がかなりいるようです。「家族割り」でも毎月数万円払っているなら家計は火の車です。本当に全員持つ必要があるのでしょうか?

またパケット通信の定額プラン(使い放題なら4000円強)に入っているなら、かなりの家計の負担です。いっそ通話とメールだけにしてはどうでしょうか?子供にも家計の事情を説明して理解してもらう必要があるかもしれません。

 金に強くなる一番の方法とは?

まとめ:

知らず知らずのうちに多重債務に陥ってしまう前に、ぜひ、家計を見直し少しずつでも貯金できるぐらいのやりくりをするのが、健全な家計運営です。それこそお金に強くなる一番の方法なのです。

我が家もそうしないといけないな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク