広く低燃費!「N BOX(エヌ ボックス)」はホンダの新型軽自動車!新型エンジン搭載のエコカーの価格と発売日は?

スポンサーリンク

最近の軽自動車の話題は、超低燃費の第三のエコカーとして「ミラ イース」などが話題ですが、ホンダもエコカーとして新型軽自動車「Nシリーズ」の第一弾として「N BOX(エヌ ボックス)」を発表しました。この新型車は広々空間と新型エンジンが特徴ですが、気になる燃費と発売日や価格は?

image

2011年11月30日追記:「N BOX」が正式発表されました。燃費は今エコカーでは流行りのアイドリングストップ機能などによって、JC08モードで22.2km/ℓとなっています。価格はグレード「G」の124万円からで、発売日は12月16日(金)です。

新型軽自動車「N BOX(エヌ ボックス)」

ホンダが軽自動車に力を入れるらしく、昨日の発表会では、大きく「N」の文字を打ち出していました。足回りからフレームまでイチから設計し直し「Nシリーズ」としての新型車をエコカー市場に続々投入する予定だそうです。これからホンダから発売される軽自動車はすべて「Nシリーズ」の範疇にまとめられるます。(トゥデイ、ライフはどうなるのかな?)

image

最大の居住空間

そのホンダの新型軽自動車の「N」シリーズとして「N BOX」(エヌ ボックス)が登場しました。最大の特徴は、車高が高く居住空間が広いエコノミーな軽自動車と言えそうです。

image

私の所有する軽自動車もそうですが、ガソリンタンクが後部の側面にあり車内空間が若干犠牲になっています。しかし新軽自動車「N BOX」はタンクを床下に設置して、内部は広々空間を実現しているそうです。さらにエンジンルームは既存の自動車の中では最も省スペースに抑える工夫が凝らされており、現時点では軽自動車の中で最大の居住空間となっています。

image

新型エンジン

「N BOX」(エヌ ボックス)はエンジンも新しく開発し直しています。ホンダ製の軽自動車の中では初めてのアイドリングストップ機能が搭載されています。アイドリングストップ機能とは、信号待ちするためにブレーキをかけ始めるとエンジンが自動停止し、アクセルを踏み直すとエンジンが再スタートするという、今流行の低燃費実現化のための画期的なシステムです。

image

「Nシリーズ」の由来

さて、このホンダの新軽自動車をどうして「Nシリーズ」と呼ぶことにしたのでしょうか?今回この「N BOX」(エヌ ボックス)を発表した常務執行役員の峯川尚さんによれば以下の4つの意味合いを込めているようです。

■ Next・・・次世代
■ New・・・新しい
■ Nippon・・・日本
■ Norimono・・・乗り物

言ってみれば、『「次世代の日本の新しい乗り物」はこのホンダの新型軽ライナップである「Nシリーズ」ですよ!』と言いたいのでしょうね。

2011年10月31日追記:ホンダは新しい軽自動社のブランド「N」の公式紹介サイトを公開しています。Honda│N

image

スポンサーリンク

燃費と価格

発売日が今年(2011年)の12月と決まっている「N BOX」ですが、節約家の私にとって気になるのは燃費や価格だと思います。

燃費と値段に関しては間もなく開催される「東京モーターショー2011年」で詳細が発表されるようです。後日この記事を更新して、「エヌ ボックス」の詳細を以下に追記します。気になる方は、週に一度発行されるこのサイト(アマモ場)のダイジェスト記事のメルマガを受信して、詳細をゲットできます。詳しくは最上部の「メルマガ 」からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事