エコカー補助金の仮申請がファックスやネットで開始!仮申請の方法とは?

スポンサーリンク

政府のエコカー補助金の予算は2012年5月25日時点で、残すところ半分の1342億円だそうです。まだ十分に間に合いそうだと考えるのは甘いかも。注文した新車のエコカーを待っていたら、補助金の申請に間に合わなかったとうケースが続出する恐れがあります。そこで郵送に時間がかかる地域との公正性を保つために、ファックス(Fax)やインターネットによる仮申請の受け付けを6月1日から始めます。ではエコカー補助金の仮申請の方法やFax書類のダウンロードは?

image

エコカー補助金の仮申請制度

正式な申請は依然として書類の郵送に限りますが、狭い日本といえ郵送に1日で済むところもあれば、3.4日かかるところもあります。そのおかげ、申請締め切り間際で、せっかく手に入れたエコカーの補助金が交付されなかったと、悔しい思いをすることがあるようです。

そこで郵送にようする日数にかかわらず補助金の公正な交付ができるように、政府はFaxやインターネットでエコカー補助金の仮申請ができるようにしました。6月1日からです。

ファックスやネットで仮申請をして、7日以内に書類が次世代自動車振興センターに届けば、申請日をファックスやネットで仮申請した日にすることができます。これで地方や離島に在住する方とセンター付近に在住する方との不公平感を無くすくことが可能になるわけです。

image

image

ただし以下のようにエコカー補助金の仮申請が無効になるケースがります。国土交通省

仮申請を行ってから7日(土日祝日となる場合は、その翌日)以内に申請書類が審査機関(次世代自動車振興センター)に到着しなかった場合や、仮申請が新車新規登録日または新車新規検査届出日の前に行われる場合はいずれも無効です。

しかしエコカー補助金の仮申請後7日以内に郵送により書類を審査機関(次世代自動車振興センター)に到着させることが困難な地域(離島など)の場合、5日以内に発送したことが確認できたもの(郵便局で消印が押されたもの等)であれば有効とのこと。

スポンサーリンク

仮申請の方法やFax書類のダウンロードは?

なお、補助金の仮申請からネットでの仮申請、ファックスによる仮申請用の書類のダウンロード、マニュアル等を確認できます。

image

ファックスの場合は以下のような記入例になります。

image

上記の仮申請は郵送による書類とほぼ同じですから、確実に間に合うと思われる方は面倒なことをしないほうが時間の節約になりそうですね。

なお申請に必要な書類の一覧表は以下のとおりです。自家用と事業用で微妙に違うので注意が必要ですね。

image

なお、エコカー補助金の仮申請に関する問い合わせは、次世代自動車振興センター(連絡先電話番号 0570-003-053)からどうぞ。

近いうちに新車の購入予定がある方は、エコカー補助金の仮申請のシステムは必ず熟知していたほうがいいですよ。そうすれば、節約になりますからね。それにしても、トヨタ新型プリウスや「アクア」などのハイブリッドカーの納車は数カ月待ちが続いていますね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事