新キャリア「Y!mobile(ワイモバイル)」の料金プラン発表!スマホを使い倒せるオプションあり

スポンサーリンク

ソフトバンクが率いる「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統一されて「Y!mobile(ワイモバイル)」というゴロがいいブランド名になりました。「Y!・・・」が付いていることからYahoo!サービスの抱き合わせがうかがえるますが、その通りです。Yahoo!の動画や漫画をとことん楽しめるオプションがあります。「ワイモバイル」の料金プランとオプションサービスを以下に。

image

低料金で差別化を図ってきた「イー・モバイル」「ウィルコム」ですが、「ワイモバイル」になってもその路線を踏襲します。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホ新料金のように、通話定額とデータ通信プランが分かれておらず、まとめられています。以下の3つのプランはいずれも1回10分以内の通話が毎月500回まで無料となります。(制限を超えると20円/30秒が加算)

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ量 1GB 3GB 7GB
料金 2,980円 3,980円 5,980円

短い通話が中心かつネット接続は自宅のWiFi中心だというユーザーには「スマホプランS」は超おススメですね。(いずれも解約料金9500円が発生する2年の縛りあり。)

大手キャリアのように一回の通話時間制限や月内回数制限を撤廃するためには、月額1000円のオプション「スーパーだれとでも定額」に加入すればOKです。これを「スマホプランS」つけると、月額3,980円(税込で月額4,298円)です。

以上のように「ワイモバイル」では話し放題にするためには最低月額3,980円(1GB)になりますが、大手3キャリアはどうでしょうか?いずれも2GBのプランで月額6,500円です。その差額は2,520円なり。かな安いですよね。

さて、大手3キャリアとの差別化は月額基本料金だけでなく、Yahoo!サービスとの連携です。上記の通常プランに加入のユーザーは「Y!mobile メール」やオンラインストレージサービス「Yahoo!ボックス 30GB」を無料で利用可能になるだけでなく、月額500円のオプション「Enjoyパック」を付帯するとデータ量500MBが追加され、「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」と呼ばれるYahoo!プレミアムサービスを利用できます。そのサービスには、映画・アニメ見放題、コミック読み放題、「ヤフオク!」への出品、「Yahoo!ボックス 50GB」などが含まれます。

それなら月額380円の「Yahoo!プレミアム」に入ったほうが安いじゃない!と思うかもしれませんが、データ量が毎月500MB追加されるので、データ通信制限ギリギリまで利用しようと考えている方は「Yahoo!プレミアムサービス」も利用できるのでお得に感じるかも。

以上、新生「ワイモバイル」の料金プランを改めて振り返ると、「イー・モバイル」や「ウィルコム」の既存ユーザーは「乗り換えせずに新料金プランに移行すればお得なことがいっぱいありますよ!」程度のものだということが分かります。そういえば「マイレージ」ポイントもありました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事