Windows8のセキュリティー対策は?「Windows Defender」「SmartScreen」では不十分かな~!トレンドマイクロ、ノートン、マカフィーのお考えは?

スポンサーリンク

マイクロソフト始まって以来の格安料金で、Windows7、Vista、XPからアップグレードできるWindows8。その新機能としての「Windows Defender」はウイルスやスパイウェアを検知・駆除までくれる優れものみたい。しかし、市販のセキュリティー対策ソフトは必要ないのでしょうか?大手のセキュリティー対策ソフトのトレンドマイクロ、ノートン、マカフィーの意見をまとめてみました。

image

Windows8のウイルス対策

Windows8ではファイアーウォールはもちろんですが、ウイルスやスパイウェアを検知・駆除までしてくれるとされる「Windows Defender」や「Windows SmartScreen」(デスクトップ版のInternet Explorer 10で設定可能)(Windows Defender と Windows SmartScreen でウイルスやその他のマルウェアに対処する – Microsoft Windows)が標準装備されています。

そのWindows8標準搭載のセキュリティーシステムでどれほどのことができるのでしょか。トレンドマイクロ、ノートン、マカフィーの意見をまとめてみました。

まずトレンドマイクロの説明が徹底的に自社製品とWindows8のセキュリティー機能が比較されていました。

そこを見てみると、Window8の機能は以下の点で不十分であるとしています。

  • ×項目・・・
    ウイルス/スパイウェア対策(スピード検索、日本密着のウイルス収集)、不正侵入対策(無線LAN)、個人情報保護、キー入力暗号化、メッセンジャー内のURL評価、盗難されたパソコンの管理、システムチューナー、データ消去ツール、アプリケーションフィルタ
  • △項目・・・
    不正侵入対策(パーソナルファイアウォール)、迷惑メール対策、フィッシング詐欺サイト対策、有害サイト規制(ペアレンタルコントロール)、システムのロールバック
  • サービスとしては・・・マニュアル、電話・メールサポート、クレジットカード保険などに関しても、Windows8は全く駄目と指摘しています。

ノートンの評価はどうでしょうか?上記のトレンドマイクロとほぼ同等のこと指摘しています。中でも、子供を安全に守る保護機能、SNSで個人情報漏えい対策がWindows8には無いとしています。Norton by Symantec

ではマカフィーのWindows8のセキュリティー対策をどう評価しているのでしょうか?マカフィー株式会社では、パフォーマンが向上したことは認めつつ、それによって「リスクは増大」していると指摘しています。

確かにマイクロソフトが自らの説明でも、市販のウイルス対策ソフトをWindowsストアで紹介する予定のようです。

Windows8にアップグレードしたついでに、市販のウイルス対策ソフトからお別れというわけにはいかないようですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事