[Google Chrome]拡張編(23)テキストを日本後や英語で読み上げてくれる「Select and Speak」「SpeakiIT!」

スポンサーリンク

作業しながらWeb記事の聴き流しをしたい時がありますが、そんな時に役立つGoogle Chrome拡張「Select and Speak」が役立ちそうです。結構 流暢(りゅうちょう)に朗読してくれます。日本語はもちろん英語、中国語、韓国語、フラン語などの主要な言語に対応しています。語学学習にもよさそうです。「Select and Speak」のインストールと設定・および使い方とは?

image

「Select and Speak」のインストールと使い方

Webサイトのテキスト読み上げを必要とする機会はそれほどないかもしれませんが、私のようにPCで仕事をしながらWebサイトのニュースや参考となる長めのブログ記事の朗読を聴きたい場合は役立ちそうです。語学を志す方にも発音を確かめたい時などに重宝しそうです。

では、まず「Select and Speak」のインストールですが、Select and Speakからどうぞ。

image

「追加」をクリック。

image

言語は自動選択ではないのが残念です。以下のアイコンをクリックして、オプションを選択。デフォルトの言語をプルダウンメニュー「Voice」から選択します。言語毎に男性の声(Male)か女性の声(Female)かを選べます。

image

では「Select and Speak」の使い方ですが、恐ろしく簡単です。読ませたいChomeブラウザで表示させたいテキストを選択(マウスで反転)して、上部の「Select and Speak」のアイコンをクリックするだけで選択した言語で朗読(読み上げ)が始まります。かなり自然なイントネーションに近いですね。

image

オプションでは以下のように「ショートカットキー」「ボリューム」「スピード」などを調整できます。

image

Chrome拡張「Select and Speak」をフルに使う人は、

■ 時間を節約したい人か
■ 向学心に燃える人
■ 外国語を何とか習得しようと志す人
■ 私みたいな怠惰な人

であるに違いないでしょう。

後日追記:上記と同等の機能を持つ「SpeakIt!」というエクステンションは上記の「Select and Speak」とほぼ同じものですが、私のPC環境では「SpeakIt!」のほうは「言語」設定がもとに戻らないので役立ちます。スピーチエンジンを選択する場合は、「iSpeech」が一番自然な日本語のイントネーションでした。

image

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事