Google日本版「パンダアップデート」パート2が実行?日本語のWebサイト5% に影響!ー2012年10月23日

スポンサーリンク

Googleの検索アルゴリズムの大々的な変更が、日本語サイト向けに施行されたようです。今回の変更はパンダアップデートの日本語版パート2なのでしょうか?このブログへの影響は?

パンダアップデート日本版パート2によってブログが受けたえいきょうとは?

恐怖(?)アルゴリズム変更は2012年10月23日付のGoogle ウェブマスター向け公式ブログで告知されていました。(ひやひや)

今回のアルゴリズム変更に関して、鈴木謙一氏のブログ記事( Google、日本語独自のアルゴリズム更新を実行。パンダ・アップデートJP2か? | 海外SEO情報ブログ)では、パンダアップデートの日本版パート2ではないかと疑われていました。

Googleは徹底的にオリジナルコンテンツのないサイトを排除しようと躍起のようです。たとえばコピーで成り立っている「スクレイピングサイト」と呼ばれるサイトはそれに含まれるようです。「2ちゃ・・・」の寄せ集めや、まとめ記事の「NAV・・・」、Twitterの「Tog・・・」もそれに含まれるのでしょうか?

同記事では、再び「独自コンテンツや付加価値のないアフィリエイトサイト」は、アルゴリズムにひっかかるというよりは、ガイドラインに引っかかるので「やめよ!」と警告されていました。

「付加価値のないアフィリエイトサイト」という表現が気になりますね。付加価値、たとえば自らのレビュー記事や感想が含まれている必要があると理解していいでしょう。見やすく、工夫が凝らされており、分かりやすく、新鮮な情報が付加する必要があるわけですね。画像もオリジナルなものを利用して、タイトルタグなどを付ける必要もあるわけです。

さて、問題の2012年10月23日付のアルゴリズム変更でこのブログはどんな影響を被ったかという点です。Googleブログによると、全体の5%が影響を受けたとのこと。以下はその時期のこのブログのアクセス解析結果です。

パンダアップデート日本版パート2でこのブログは好影響を受けているようい見えるが、実際は違うかも。

悪影響どころか、爆発的にアクセスが増えています。パンダアップデート・パート2による好影響でしょうか?

実は、その時期にアマゾン「Kindle」4機種の発表があり、それについて書いていた記事が突然うれしい悲鳴を上げていたのです。

ですから、今回のアップデートでどのように影響を受けたのかは、「Kindle」フィーバーが落ち着いてからでないと分かりませんね。

もうしばらく、注視していきたいと思います。いずれにしろコンテンツSEO、つまりホワイトハットSEOで勝負しろといメッセージを再確認したわけです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事