「マネーフォワード」ならスマートフォンで家計や銀行口座を一元管理!レシート自動読み取りアプリで楽々

スポンサーリンク

iPhoneなどのスマートフォンやPCで家計簿や銀行口座の明細をまとめて一元管理できる無料の資産管理Webサービス「マネーフォワード(Money Forward)」が登場しています。クレジットカードも含めた76社の金融機関を連携して資産を一元管理可能で、おまけにスマートフォンでレシート明細を取り込める無料のアプリと連携予定。手入力がほとんど必要なくなりそうです。ひとまずこの「マネーフォワード」が私のマネーライフに適合するかどうかを確認してみました。

iPhoneなどのスマートフォンで家計簿や銀行口座を一元管理できる無料の資産管理アプリ「マネーフォワード(Money Forward)」


「マネーフォワード」で金の流れを一元管理

これまで様々な銀行口座やクレジットカードを一元管理するWebサービスを利用してきました。しかしどれも一長一短で最終的には手入力がかなり必要になります。

しかし、連携予定のレシート読み取り家計簿アプリ ReceReco が使えるうようになるなら最強の家計簿・資産管理ツールになるのが「マネーフォワード」です。専用のiPhone/Andoridアプリがありいつでもどこでも資産管理が可能です。上の画像がスマフォ版で、下の画像はPCのWebバージョンです。

image

「マネーフォワード」の機能

銀行や証券口座の入出金、クレジットカードの利用明細をインポートし、自動で家計簿を付けられるという基本的な機能に加えて、マイル、ポンタポイントも確認、おまけに年金のWebサービス「ねんきんネット」やau IDにも対応しております。

現時点で、以下の76の金融機関との連携が可能です。私が利用している禁輸機関のうち、地方銀行以外はほとんど含まれており、「マネーフォワード」に乗り換えない手はなさそうです。(赤で囲んでいる金融機関を利用中。)

image

ネットバンキング(楽天銀行など)はメールで入出金があったことは教えてくれますが、「マネーフォワード」は金額まで押してくれるので安心です。

image

スポンサーリンク

利用方法

さっそく登録して、いくつかの銀行口座の入出金明細やクレジットカードの利用明細を取り込んでみます。(アプリ版は以下より)

image

iTunes App Store

Google Play

利用開始手続きはPCからが楽。以下はPCで説明します。

まず、無料登録は Money Forward から。メールアドレスやパスワードを記入します。

image

メールに本登録用のURLが送信されれますので、クリックして開きます。

image

「マネーフォワード」で利用するプロフィールを作成。

image

まず「資産」からです。(はじめはデモデータが見えます。)

image

「ゆうちょ銀行」を選択してみます。

image

ゆうちょ銀行の登録は面倒です。

image

合言葉の入力もあります。

image

合言葉や秘密の質問に関する入力を3回繰り返します。

image

「ゆうちょ銀行」はエラーが発生しました。「楽天銀行」スムーズに登録可能でした。

image

気を取り直して「金融機関の設定」から「カード」を。

image

以下はセゾンカードの入力例です。

image

クレジットカードの利用明細も無事に取り込めました。

image

カレンダー形式で収支を把握できます。

image

支出の内訳は以下のとおり。棒グラフで確認できます。

image

資産の推移も、期間を指定してグラフ化できます。

image

iPhoneやAndroidt対応のアプリ版「Money Forward」を利用するならスマートフォンでいつでも家計簿を管理できます。

image

iTunes App Store

Google Play

後は「ねんきんネット」やauの利用明細もこの「マネーフォワード」に入力して使い心地を確かめて見たいと思います。

いずれにせよ、この家計簿・金融口座管理ツール「マネーフォワード」がレシート読み取り家計簿アプリ ReceReco に対応したら、私の主要な家計簿ツールになると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事