「Kakao Talk(カカオトーク)」が無料の音声通話アプリに!「LINE(ライン)」を追い越せるか?

スポンサーリンク

チャットアプリとして今や219の国でユーザー数3400万人を誇るアプリ「Kakao Talk(カカオトーク)」が、音声通話に対応しました。先行する「LINE(ライン)」や大御所のスカイプを超えられるでしょうか?

image

「Kakao Talk(カカオトーク)」が音声通話可能に

日本でもこの「Kakao Talk(カカオトーク)」はかなり普及しているみたいです。Ameba(アメーバ)ブログで有名なサイバーエージェントグループが出資する韓国のKakakoがサービスをここなっているiPhone、Androidアプリです。現在219の国で会員数を大幅に伸ばしています。

image

「カカオトーク」は以下の画像のようにグループチャットを主な機能にしており、会員数を急激に伸ばしてきました。アメリカCNETはこのアプリを無料モバイルメッセンジャーの1位にランキングしたほど良くできたコミュニケーションアプリです。

image

このAndroid版の「カカオトーク」がまず、VoIP方式で音声通話に対応しました。しばらくするれば、iPhone版も音声通話に対応するようにバージョンアップされます。その記者発表会の様子がyoutubeの公式動画としてアップされていました。藤原紀香やこの方も登場していました。

image

同様のVoIP方式で音声通話サービスを提供している「LINE」と同様に、スマートフォンの電話番号をIDのように登録して利用するようです。同アプリをインストールしているスマートフォン同士で無料で使えるようになっています。(アプリそのものは、カカオトークの最下部から、iOS版とAndroid版をダウンロードできます。)

当然ですが、Wi-Fiで利用する場合のデータ通信のパケット代は発生しませんが、3Gのデータ通信を利用する場合は、パケット代が発生します。スマートフォン用のパケット定額(フラット)に加入していることが前提であることは言うまでもありません。

さて、いわゆるIP電話を可能にしているアプリがたくさん出てきていますが、どれもが日本で生き残るとは考えにくいですね。そんな中で、無料の音声アプリとしてメジャーバージョンアップした「Kakao Talk(カカオトーク)」がどこまで食い込むか見ものですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. 永田孝生成 より:

    永田孝成ですよろしく