【iOS 8】Siriの曲名を言い当てる新機能は使えるが Hey Siri! は使えない!

スポンサーリンク

「iOS 8」の秘書機能「Siri」が進化しました。流れている音楽を聴かせると曲名を言い当てる機能が結構便利そうです。でもロック画面から「Hey Siri!」と呼びかけるだけで呼び出せる新機能はイマイチです。なぜ?

「iOS 8」で追加された、Siriで曲名を言い当てる新機能。オリビアニュートンジョンを見事言い当てた!

ホームボタンを押さずともロック画面から「Hey Siri!」 と呼びかけるだけで利用可能になった新機能を試してみたい思い、2世代前のモデルとなったiPhone5に「iOS 8」をインストールしました。

ロック画面呼び出せる「Hey Siri!」

でも結局あまり役立ちそうにありません。どうして?

それは、iPhoneの充電中にしか使えないからです。それに気づいたのは以下のように「設定」⇒「一般」⇒「Siri」で、 Hey Siri! 機能のスイッチに記されていた但し書きに「電源に接続されているときはホームボタンを押さなくても” Hey Siri! ”と話しかけるだでSiriを利用できます。」とあったからです。愕然!

image

何の意味があるんでしょうかね。確かにロック画面から Hey Siri!  と話しかけると使えましたけどね。

image

でもこの機能、よく考えてみると、近くの人が 「Hey Siri!」と勝手に呼びかけて使われてしまう場合もあるわけです。

しかし電源に接続中の場合は、たいてい寝室で休んでいる時がほとんど。つまり夜はSiriにお任せくださいね!というワケ。 「今何時?」とか「今日の天気は?」と尋ねる程度でしょかね。

image

でも同室で誰かと休んでいる場合には当然使えません。嫁さんなら怒り出します。

スポンサーリンク

曲名を言い当てる Siri の新機能

さて、Siriにはもう一つ目玉機能があります。それはマイクから周囲の音楽を集音して曲名を言い当ているというもの。

実際には Hey Siri! と話しかけて「今流れている曲は?」と尋ねます。Youtubeからオリビアニュートンジョンの「そよ風・・・」をSiri に効かせて尋ねてみると、見事曲名を言い当てました。

でもよく見ると「購入」という文字が・・・!Amazon的な手法です。iTunes Storeから購入させる仕組みなわけです。

image

以上、「iOS 8」で進化したSiriの新機能でした。テレビCMで流れている曲を調べたい時にはめっちゃ重宝しそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事