「Google+ハングアウトオンエア」が誰でも利用可能に!おまけにyoutubeライブでも同時中継可能に

スポンサーリンク

昨年(2011年)に公開されたサービス「Google+ハングアウトオンエア」(Hangouts On Air)が一部の著名なユーザー対象だったものが、一般開放されて規約に同意する人は誰でも利用可能になりました。一体この「Google+ハングアウトオンエア」とは?何ができるの?

image

「Google+ハングアウトオンエア」とは?

今まで「Google+ハングアウトオンエア」は、グーグルのSNSである「Google+」のユーザーの内、著名で有力人物とされた治家や芸能人だけにしか解放されておらず、一般ユーザーの利用は無理でした。しかし5月7日(現地)に要約我々Googleユーザーにも開放され、一気に注目が集まっているようです。

image

この「Google+ハングアウトオンエア」とは、サービス名からもお分かりのように、「Google+」内のサービスである「ハングアウト」(最大9名の複数ユーザーでの同時ビデオチャット・会議)を「オンエア」(生中継)できるサービスのことです。

しかし「Google+」内にとどまらず、「YouTubeライブ」によって一般公開して、ネット上の生中継が可能になります。(ここがすごいわけです。)同時に録画することも可能で、「Google+ハングアウトオンエア」終了後すぐにの紐づけられYoutubeのアカウントにアップロードして、その録画ビデオを一般公開したりもできそうです。おまけにYouTube動画編集ツールで編集まで可能です。(ただしこのサービスはyoutubeの利用規約に違反した経歴のあるユーザーは利用不可)

image

サービス発表時の話題度が影を潜めている感がぬぐえない「Google+」ですが、今回の「Google+ハングアウトオンエア」(Hangouts On Air)の一般公開で巻き返しができるかどうかですね。

利用方法と使い方は以下の公式動画より。

使い方はそんなに難しくなさそうですね。「Ggoogle+」で参加しているユーザーでチャットを頻繁に利用している「サークル」仲間には、そのサークル活動の意義などを広く伝えることができるツールになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事