iPhoneのEvernoteで写真サイズ「小」にすると無料版で1200枚まで保存OK!

スポンサーリンク

しぶとくEvernoteの無料版を使っている  @Ama119 です。月間 60MBのアップロード容量を節約しながら、”細々”と いや フル活用しています。今日は無料版をフルに使い続ける上で欠かせないカメラおすすめ設定です。iPhoneを例に写真サイズや容量を変更する方法を紹介します。

Evernote 画像「大」「中」「小」 の比較

Evernote プレミアム版の毎月のアップロード容量が無制限になったのは衝撃的でしたが、これがすぐに廃止になって10GBに変更になったのは記憶に新しいですね。

私の感覚では「そんなに何を保存するのだろう!仮に保存してどうやって活用するのだろう?」という感じです。(※ 人はそれぞれ事情や必要というものがあります。)

EvernoteをiPhone/iPadで快適に利用するためには、保存データ量は少ないに越したことがありません。というのは私がEvernoteで作業する場合は、Windows のデスクトップアプリ(クライアントアプリ)で同期してやっています。ですからWindows のストレージを少しで消費したくなのです。

※ 一時期 Evernote デスクトップアプリの動きがとても悪くなりました。最近では動きは快適です。アプリ動作の改善が見られています。

Evernoteの保存データを少なくするメリットは、毎月のアップロード容量の節約や、パソコンのストレージの節約、デスクトップアプリの軽快な動作を保持すること以外にも、沢山ありそうです。それは別の機会に述べることにして、さっそく記事の本論へ移りたいと思います。

Evernoteの保存容量を少なくするために一番効果があるのは、何といってもノートに挿入した画像の圧縮ではないでしょか!iPhoneの「写真」さーずは軽く2MBを越してきます。Evernoteの無料版は毎月60MBですから、30枚近くで制限オ―バーです。とても使えません。

Evernoteで写真入りノートを作成する

一方iPhoneアプリ Evernote にはカメラ機能があり、サイズも4種類あります。そこでできるだけ小さなサイズを選び、写真入りノートのデータ量を少なくすることが大切です。

iPhone のEvernoteの写真サイズの調整は、アプリのトップページ左上のギアボタン「設定」>「全般」>「カメラ」>「画像サイズ」の順で行えます。

iPhone アプリ Evernoteの写真サイズの設定方法

iPhone 5s で実際に撮影してみるとは、「画像サイズ」によって以下のように解像度とサイズに大きく違いが見られました。あくまでも大まかな目安ととらえてください。(記事冒頭の写真を参照してください。黒いデスクを背景にバナナを撮影したものです。)

  • 小・・・44KB(640 × 480px)
  • 中・・・207KB (1532 × 1149px)
  • 大・・・430KB (2398 × 1798px)
  • 普通サイズ・・・2MB以上

※ 1MB=1000KB

このサイズで分かるように、画像サイズ「」の写真をEvernoteに保存しても、無料版の月あたりの制限容量である 60MBいっぱいになるまでに、1200枚アップロード可能だと分かります。一方、普通サイズの写真なら、30枚も保存できないのです。

ちなみに、上記のように写真サイズを「小」にしても、自動(撮影)モードにしておくと解像度の高い写真が自動撮影されてしまうようです。ですから、確実に設定した写真サイズで撮影したい場合は、Evernoteのカメラが起動した状態で右上に表示されるアイコン「自動モード」を「OFF」にしておきましょう。

Evernote 写真撮影モードは自動をOFFへ

以上、iPhoneのアプリ Evernote で写真入りノートを作成したい場合、容量を節約するための必須の設定でした。最小設定の「小」の写真解像度は  640px × 480px ですが、プリントするわけでもなくただ作業記録程度のものなら十分の解像度ですよ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事