エレコムが格安SIMカードを発売!VoIP「SkyLinkPhone(スカイリンクフォン)」を比較してみました

スポンサーリンク

パソコン周辺機器の販売でおなじみのエレコムが格安SIMの販売を開始し、データ通信事業に乗り出しました。050から始まるVoIPサービス「SkyLinkPhone(スカイリンクフォン)」つまり音声通話も可能です。

エレコムの SkyLinkPhone(スカイリンクフォン)

超低価格SIMが各MVNOから発売されていますが、私がキーボードのカバーでお世話になっているエレコムも格安SIMカードによるデータ通信サービスを始めました。

目玉はエレコム独自のVoIPサービス「SkyLinkPhone(スカイリンクフォン)」です。電話番号はもちろん050から始まるもので「050 plus」や「SMARTalk」などが先行する通話サービスと競合します。

通話料金は主なVoIPサービスと変わりありません。

SkyLinkPhone 050 plus SMARTalk
月額基本料

(コースに含まれ
ており約200円)

324円
固定電話 8.6円/3分 8.64円/3分 8.64円/30秒
(51.84円/3分)
携帯電話 16.25円/分 17.28円/分 同上
(17.28円/分)

通話料金での差別化は全く見られませんね。

データプランは基本的に以下の3つです。

データ通信のみ(SMS非対応、VoIPなし)

  • 「フリーデータ」・・・月額824円、最大300kbps、データ容量制限なし
  • 「デイリー」・・・月額1058円、最大150Mbps(ただし70MB/日を超えると100kbpsへ)
  • 「マンスリー」・・・月額1706円、最大150Mbps(ただし2GB/月を超えると200kbpsへ)

SMSをつけると月額約150円、さらにVoIP「SkyLinkPhone」を利用すると月額200円ほど増額されます。たとえば、「フリーデータ」にSMSとVoIP「SkyLinkPhone」をつけると「SkyLinkPhone フリー」というコースになり月額1166円で利用できます。

いずれもパッケージ購入費用として初回3,240 円が必要です。

なお格安スマホ「freetel priori(FT132A)」を同時購入で12,960円となるコースもありまます。LTE非対応ですが上記コースのうち「フリーデータS」「SkyLinkPhone フリー」を選択できるようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事