「Dropbox Platform」で進化するDorpboxアプリ、早速MailboxがDropbox上のファイルを直接添付可能に

スポンサーリンク

「Dropbox Platform」の名の元に、単なるストレージサービスからプラットフォームへ進化中のDropboxですが、早速GmailのクライアントアプリであるMailboxで、Dropbox上のファイルを直接メールに添付できる新機能を追加しました。

image

CNET News が報じているようにDropboxはストレージからプラットフォームとしてのサービスを充実させ、Sync API、Datastore API、Drop-Inなどの新機能を追加しています。

早速それに目を付けたのがGmailを超使いやすくするメールアプリMailboxです。開発者はすでに、iOSで利用できるDrop-Inを取り入れて直接アプリがDropboxにアクセスし、保存ファイルをメールに添付することを可能にしたようです。Mailbox – Put Email In Its Place

image

このDropboxプラットフォームの新機能Drop-Inは今のところiOSとAndoroidで利用できるようですが、是非ともPCのブラウザでも利用できたらいいですね。

私はGoogleブラウザChromeを使ってWeb上でGmailを利用していますが、添付ファイルとしてDropbox上ものを利用する場合は、メールソフト(Windowsメール)を使っています。つまりPCに一度ダウンロードしておかねばならないわけです。

そんな面倒なことをしなくてもよくなるのが「Dropbox Platform」構想なのでしょうね。是非ともGoogleには積極的に「Dropbox Platform」を取り入れてもらいていですね。Googleドライブがあるから無理っぽいですが・・・。

そういえば、2013年3月にDropboxはこのアプリ(Mailbox)を買い取っていたんでしたね。なるほど、なるほど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事