新型エクスペリア「Xperia Z」が2013年春モデルとしてドコモから発売濃厚に!そのスペックとは?

スポンサーリンク

ドコモの2013年春モデルにどんなスマートフォンがエントリーされるのだろう、と考えながら過ごしているドコモユーザーに耳より情報が入ってきました。カメラ機能を重視した高スペックな新型エクスペリアである「Xperia Z」がソニーモバイルより発表されたのです。iPhoneに乗り換えようかと考えていたドコモユーザーの足を引き留めることになりそうな「Xperia Z」のスペックとは?

image

今年も米国ラスベガス開催されている家電見本市「CES」のソニーモバイルのブースで披露されているエクスペリアシリーズの最新バージョン「Xperia Z」は、ここ日本においてもIT関連ニュースの第一報となっています。ドコモの2013年春モデルとして登場することは間違いなさそうですから。

カメラ機能

「Xperia Z」があれば、デジカメをもう一台歩く必要はなくなりそうです。画素数は約1.3メガピクセルで高精細撮影が可能。逆光や夜景の撮影に強くなっておりノイズをかなり低減できそうです。またiPhone5のようにデフォルトで動画撮影時に静止画も撮影可能です。コンパクトデジカメのように、光学ズームはないようですが、その他のカメラ機能はこれで十分と言えそうです。(少なくとも私にとっては)

image

ちなみに前面にも220万画素のカメラが搭載されており、自分撮りやビデオ通話には生きてきそうです。

image

スポンサーリンク

ディスプレイ

「Xperia Z」のディスプレイは5インチで、1920 x 1080pxのフルHD。きめ細かさは443ppiですからアップルのiPhone5より高密度。加えてモバイルBRAVIAエンジン2採用でフルHD動画の美しい映像を堪能できそうですね。

image

その他のスペック

「Xperia Z」の外観の美しさは女性ウケしそうです。端末の両面がガラス張りで文字通りキラキラです。5インチのスマフォは小柄な女性に敬遠されがちですが、光るものが好きな女性には魅力的に映りそうですよ。

さらに、薄さはiPhone5並の7.9mmで、防水/防塵処理(IP55 / IP57)が施されており、NFC対応です。また省エネ設定(スタミナモード)で待ち受け時間が4倍になるそうです。

基本スペックは以下のとおり

■ OS・・・Android 4.1
■ CPU・・・クアッドコア APQ8064(1.5GHz)
■ RAM・・・2GB
■ 通信・・・LTE対応
■ 無線・・・NFC(専用のスピーカーも対応)
■ 内部ストレージ・・・16GB
■ 外部ストレージ・・・microSD対応

さて、エクスペリアシリーズの上位機種は例年ドコモからリリースされていますので、ドコモの2013年春モデルとして「Xperia Z」が発売されるのは濃厚です。しかし発売日がいつになるのかが気になりますね。恐らく2月に春モデル全機種が発表され、発売は2月中旬から3月上旬にかけてでしょう!。そろそろ初期のエクスペリアを買い替えたいと考えているドコモユーザーにはちょうどよい端末になることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事