モバキャス対応スマートフォンがドコモより登場!「アクオスフォン SH-06D」やタブレット「メディアス タブ N-06D」

スポンサーリンク

2012年4月開局のモバイル高画質TV「モバキャス」対応のスマートフォンとタブレット端末がドコモから初登場しました。「アクオスフォン SH-06D」やタブレット「メディアス タブ N-06D」です。

image

モバキャス「NOTTV」対応のドコモ・スマートフォン

高画質で高品質な双方向のモバイルTV(V-Highマルチメディア)として期待されている「モバキャス」ですが、ドコモが「NEXT series」の「AQUOS PHONE(アクオスフォン) SH-06D」とタブレットである「 MEDIAS(メディアス)TAB N-06D」の2機種に対応させました。3月発売です。

受信可能になるのは「モバキャス」で放送されるスマートフォン向けの「NOTTV(ノッティーヴィー)」で、月額420円の有料放送です。

image

受信エリアは、サービス開始時点の4月では、東京スカイツリーから受信できる関東地方、東海(愛知、三重)、関西(大阪、京都、奈良)、福岡、沖縄などの15都府県で、順次エリアを拡大し3年をめどに全体の90%以上達成を目標にしています。

番組の種類は「リアルタイム放送」の3チャンネルと、「蓄積型放送」いわゆるタイムシフト視聴可能な番組。スポーツや音楽などのプレミアム番組も追加料金で視聴可能とのこと。ちなみに「オールナイトニッポン2部」という番組がすでに決まっているそうです。

ドコモはすでに発表済みの「アクオスフォン SH-06D」(3月が発売日)やタブレット「メディアス TAB N-06D」(4月発売)をこのモバキャス放送に対応させて発売を開始するようです。3月からです。

「アクオスフォン SH-06D」

「アクオスフォン SH-06D」はXi対応ではないものの、 高精細約4.5インチHD液晶とデュアルコアCPU1.2GHzを搭載したハイスペックな最新鋭スマートフォンで、防水や防塵処理が施されています。image

本体サイズは約66×128×11.8mmで重さバッテリー装着で約145g、カメラは背部に800万画素のCMOSカメラ、前部に約32万画素のCMOSカメラを搭載しています。

image

「メディアス TAB N-06D」

「メディアス TAB N-06D」はXi回線でかなりの俊足タブレットです。デュアルコアCPU1.2GHzを搭載し、防水処理も施されています。

image

ワンセグや赤外線、Wi-Fiテザリングやエリアメールなども標準装備。またドコモの売りである「おくだけ充電」にも対応しています。かなりのハイスペックなタブレット「メディアス TAB N-06D」ですが最大の特徴は高速回線「Xi(クロッシ)」対応だということ。

image

ワンセグは無料なのにこのスマートフォン向けのマルチメディア放送「NOTTV」は有料なのがイマイチ見る気がしないのは私だけ?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. どら より:

    置くだけ充電には非対応では?