[Google Chrome]拡張編(5)「Adblock Plus」の広告非表示エクステンションの広告リスト追加が簡単でGood!

スポンサーリンク

「Adblock Plus」という広告をブロックする拡張機能は、Firefoxでもおなじみでしたが、Google Crome版の「Adblock Plus (Beta)」はさらに使いやすいですね。ブロックした広告URLの追加が簡単にできます。

image

「Adblock Plus」

「Adblock Plus」のFirefox版は以前にここで紹介していますが、それなりに細かい設定が必要に感じました。(現在は分かりません)

しかし、最近使い始めたGoogle Chromeの拡張機能「Adblock Plus」(べータ版)はシンプルで非常に使いやすく、フィルタリングしたい広告URLの追加が簡単なのです。

利用法

使い方は簡単です。(インストールは「Adblock Plus」から。)

インストールしたら、アドレスバーの横に現れる「ADB」のアイコンをクリック。[Easy create Filter]をクリック。ブロックしたい広告上でクリック。

そうするとポップアップされたフィルター窓にURLが挿入されます。最後に、[Add]をクリック。

image

見事に消すことができました。

image

ブロックURLリストの編集

ブロックされたURLリストを編集したい場合は、Chromeのオプションから[拡張機能]、[Adblock Plus]の[オプション]をクリック。

image

タグの[Add your own filters]をクリックして、広告URLの追加・削除などができます。

image

image

以上が、Google Chrome拡張「Adblock Plus」の長所とシンプルな使い方でした。Chromeの拡張機能はFirefoxよりもシンプルになって使いやすいのがいいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事