Amazonアフィリエイト 紹介料の支払い方法や手数料、確定申告や源泉徴収のまとめ

スポンサーリンク

Amazonアフィリエイトを開始し5年以上が経過します。「塵も積もれば山となる」で、結構お世話になってきました。今回は、紹介料の受け取り方法や手数料について。さらに確定申告や源泉徴収についてまとめておきます。受け取り方法は、ギフト券それとも銀行振込どっちがいいの?振り込み手数料で得する方法は?源泉徴収はいくらから?その場合確定申告は?紹介はASPつまりA8や「 もしもアフィリエイトへ 」経由がいいの?5年間の経験を踏まえて以下のメモします。

Amazonアフィリエイト(アソシエイト)

Amazonアフィリエイトとのお付き合い

この記事のタイトルに興味を持ち読んでいるあなたは、Amazonである程度稼ぎ始めた人でしょう。そしてあなたは、きっとこの記事を書いている人つまりこのブログの運営者である私のアフィリエイト経歴を知りたいと思っているかも。

簡単に経歴を。

私はこのブログや他のサイトでAmazonアフィリエイト、Amazon的に言えばアソシエイト、を初めて5年以上経過しています。紹介手数料の総額は7桁近くに達しているみたいです。7桁といっても、一月1万7000円程度をキープすれば、”塵つも”で飽きずに長年やっていれば誰でも達成可能です。

一度だけ一つの商品がバカ売れして源泉徴収されたことがあります。でもAmazonアフィリエイトでそんなに稼ぐことはめったにありません。(後述します)

私とAmazonアフィリエイトとの付き合いはそれくらいにして、本論を述べていこうと思います。

スポンサーリンク

支払いはギフト券 それとも 口座振り込みか?

すでに Amazonアソシエイトのヘルプ でご存知のように、紹介料が合計5000円に達すると選択できる口座振り込みは、300円の手数料が引かれます。一方、紹介料が500円以上で支払い可能になるAmazonギフト券での支払いは、振り込み手数料が不要になります。

ただしギフト券は1年の有効期限があります。

以上を踏まえ、紹介料の支払いはギフト券または口座振り込みかを選択する上で、参考までの私が考えるメリット・デメリットを述べてみます。

Amazonギフト券にするメリット

  • 銀行口座送金手数料の300円が不要。これがいやなら、A8やもしもアフィリエイトなどのアフィリエイトサービスプロバイダ経由からどうぞ。でもデメリットのほうが多いと思いますけど。(後述します)。
  • しばしば Amazon で自ら買い物する方なら、ギフト券はクレジットカード決済が不要になり、気軽に利用できるので便利です。

ギフト券での支払いメリットこれくらいかな?

銀行振り込み(現金)にするメリット

  • 現金はAmazon以外でも利用。当然ですが。
  • Amazonギフト券による衝動買いを抑えられる。
  • 現金ならギフト券の1年という有効期限内に消化しきれないということはない。
  • 現金ならギフト券発行メールを見過ごすことと無縁。

銀行振り込みによる現金払いのメリットは、あくまでもギフト券での支払いとの比較ですから、ギフト券のデメリットを挙げれば、おのずと銀行振り込みのメリットが見えてくるわけです。

ちなみに、銀行振り込みでもギフト券でも税の申告は必須ですよ。ギフト券なら申告不要とはならないので注意が必要です。

ちなみに、300円の銀行口座振り込み手数料を減らすために、報酬の支払いは数か月おきにする技があります。

これは銀行振込先をわざと間違える方法です。でもこれをやるなら人間性が疑われ、様々なペナルティーを課せられるという羽目になる可能性があります。第一面倒ですよね。

リンクはASP経由がいいのか?それとも直接リンクか?

ご存知のように、Amazon紹介料が発生するアフィリエイトリンクは、Amazonから直接発行したものだけでなく、A8ネットや もしもアフィリエイトなどのアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)経由でも有効です。

基本的な紹介手数料はいずれも同じです。

ではどちらかがおすすめか?

他のブログではしばしば、審査の通りやすさとか、報酬の増額、さらには紹介料の銀行口座振り込み手数料が格安という触れ込みで、Amazon直接リンクよりASP経由のほうが良いという古い情報が散見されます。私はAmazon直接リンクをお勧めします。

確かにAmazon直接リンクは紹介料の口座振り込みに手数料300円は発生しますが、ASP側による報酬の増額はすでに廃止されています。今後復活することはあるかもしれませんが、Amazonが定期的に行ている 手数料の2%増額キャンペーンに比べればお粗末なものです。

※ Amazonが2015年から行っている紹介料2%増額キャンペーンとは、報酬そのものが約 1.5~2倍になるキャンぺーです。たとえば紹介料が2%の商品は4%なります。つまり紹介料は2倍ですよ。これって大きいですよね。

※ ただし条件を満たすためには、作成済みリンクは張り替える必要がありますし、WordPressのAmazon商品紹介プラグインは利用できません。でもキャンペーン終了後はリンク張り替えは不要。そのままでも、通常の紹介料はは発生し続けます。

確定申告と源泉徴収

この記事をご覧の方は、今さらアフィリエイトは確定申告しなければならないの?という初歩的な疑問を持っていないはず。そして、きちんと申告しているはずです。2014年以来Amazonから発行されなくなった支払調書がなくてもね。Amazonアフィリエイトの紹介料を申告書に転記。

でも源泉徴収については気になる方もいるかも。今の私のように。

私が利用しているIDでAmazonアソシエイトの支払履歴を確認していみると、この5年間一度だけ源泉徴収されていた年月を発見しました。

ある商品紹介記事がヒットしてその商品がバカ売れしたのです。一カ月限りでしたが。

よく見ると当月の紹介料合計はちょうど約12万でした。その他の月は源泉徴収されていなかったので、どうやら源泉徴収は12万円以上の報酬が発生した時にのみ徴収されるようですね。80円の税金でした。
Amazon アフィリエイト 紹介料の源泉徴収の記録。

実はこれって、国税庁の  外交員等に支払う報酬・料金|源泉所得税 のとおりでした。

つまり (月の紹介料 – 12万円)×10.21% で計算されるみたいですね。

ちなみに、源泉徴収された月はAmazonの支払い履歴で Tax Withholding となっていますよ。

あの時の興奮はどこへ?5年に一度の個人的なお祭りだったのでしょう。

以上、Amazonアフィリエイト 紹介料の支払い方法のメリット・デメリットや申告・源泉徴収などのまとめでした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事