日本株の投資先は、エコ機器(省エネ機器)のリース会社関係が狙い目に!環境省が支援金を検討開始

スポンサーリンク

日本株が低迷してる現在、個人投資家たちにも朗報となる政府の新制度が検討中のようですね。

20100616161606

それは、高額な省エネ機器、たとえば太陽光発電システム、電気自動車、高効率給湯器(エコキュートなど)を家庭などで爆発的に普及させるため、政府(環境省)が省エネ機器のリース会社に支援金を出すことを検討しているとのこと?

では

  • 省エネ機器リース支援の流れは?
  • 省エネ機器のリース関連会社の投資先とタイミングは?

省エネ機器リース支援の流れは?

私はファンドなどの機関投資家があまり好きではありません。好きな方もいらっしゃると思いますが、個人投資家のほとんどはあまりよく思っていません。(それはどうでもいい話ですが・・・)しかし、個人投資家でもビッグチャンス到来かも・・・?

政府が支援するかもしれない省エネ機器のリース会社を巻きこんだお金の流れを把握していることが、投資先を調べて選択する上で欠かせませんね。

省エネ機器リース支援の流れは?太陽光発電関連会社の支援が主かも!

政府はエコ機器(省エネ機器)の爆発的な普及のためには相当の支援をエコ機器のリース会社に行うようです。一方リース会社は購入すれば高額な太陽光パネルやエコキュート、電気自動車などを格安でリースできますね。

爆発的な普及を目指すからには、かなりの程度うリース料を引き下げなければなりません。たとえば、電気自動車ならば一般的なガソリン車の4.5年ローンで購入した場合の月々の支払いと同程度のリース料なら電気自動車を選ぶかもしれません。

太陽光発電も、エコキュートも同様な考え方でリース料金が格安なら普及するのではないでしょうか。普及に伴って大量生産が始まり、実際に購入する場合でもどんどん購入額が下がるでしょうね。

スポンサーリンク

省エネ機器のリース関連会社の投資先とタイミングは?

政府のエコ機器のリース会社支援策が具体的になれば、機関投資家はこの分野にどんどん投資するに決まっています。すでにかなり前から投資し始めているのです。

省エネ機器のリース関連会社の投資先と日本株の投資のタイミングは?

具体的には、太陽光発電のパネルの開発、生産関連会社、電気自動車のリース会社、高効率給湯器関係の開発と生産会社およびリース会社ですね。

特に、太陽光パネル関連会社はかなり沢山ありますのす。タイミングとしては、今はギリシャ問題で日本株は一時的な突っ込み安なので、かなりお買い得な株が沢山あるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事