【技ありiPhone】「PhoneClean」でiPhoneなどiOS端末の不要なデータをお掃除する方法

スポンサーリンク

iPhoneなどiOS端末の利用で溜まってくる不要なデータをまとめて削除して、空き容量を増やしてくれるMac/Windows対応フリーソフト「PhoneClean」を利用してみました。これ私のiPhone5に400MB以上の空き容量を増やせました。

image

私のiPhoneは16GBタイプなので空き容量には注意を払っています。無駄なデータは残しておきたくないところ。そこでWindowsで言うところのディスククリーアップみたいなことを行ってくれるのが今日紹介のフリーソフト「PhoneClean」です。

iPhoneなどiOS端末内の以下の不要ファイルをまとめて掃除してくれます。

  • 一時ファイルやジャンクファイル
  • ダウンロードを中断/失敗したメディアファイル
  • クッキーやスクリプトファイル
  • キャッシュ

インストールは PhoneClean から。普通やってください。

image

起動は、デスクトップのショートカット「PhoneClean」から。

image

(直接起動は、C:Program Files (x86)iMobiePhoneClean あたりから、[PhoneClean.exe]を起動させます。)

image

インストール直後は以下のような感じです。準備としてiPhoneをUSBでPCと接続してくださいというメッセージです。

image

端末の接続後にポップアップが表示。「Yes」をクリック。

image

「Start Scan」をクリックして、クリーンアップ開始です。

image

けっこうジャンクファイルがたまっているな~!

image

合計407MB以上の不要なファイルを削除できました。

image

掃除は人生の基本ですが、iPhoneのストレージも掃除が必要ですね。フリーソフト「PhoneClean」ですっきりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事