【iOS 8】Safariで利用可能になった 1Password はコピペ不要に! 3タップでログイン完了!

スポンサーリンク

ログイン情報やクレジットカード情報を一つパスワードだけで管理できるiOSアプリ「1Password」が突然無料になり話題となっていますが、昨日リリースされた「iOS 8」の新機能「App Extension」(アプリ拡張)に対応したことでブラウザSafri内で「1Password」が利用できるようになりました。これでSafariから「1Password」に搭載されたブラウザに切り替えたり、コピペしてSafariに戻るといった面倒がなくなります。最速3タップでログイン完了です。

Safariで利用可能になった1Password

これまで1000円と高額で手がだせなかったiOS版「1Password」が、昨日突然 無料になりました。速攻ダウンロードしておいてよかったですね。というのは今日「iOS 8」対応になってバージョンアップ後、内課金になった「Pro」機能も無料で使えるからです。

image1Password
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料円(変動あり)

さて、冒頭でも紹介しましたが、「iOS 8」に対応した「1Password」はSafriの拡張機能に組み込まれました。そのおかげでSafariでログインする必要のあるWebサービスやクレジットカード番号記入のために、わざわざ「1Password」を起動して該当ログイン情報を探し出しSafariに戻りコピペみたいな必要が一切なくなりました。

使い方は簡単です。Safariで閲覧中に「共有」ボタンにあらかじめ連携させておいた「1Password」をタップするだけ。

image

Safariで表示中のURLから該当するログイン情報が自動でリストアップされますので、その中から選択するだけ。あとは自動でSafriに戻って記入されます。無茶便利です。

image

Safariで初めて「1Password」を利用する場合は下部メニューの「共有」から以下のように「その他」をタップし、連携可能なアプリの中に表示される「1Password」を登録します。次回からすぐに「共有」から呼び出せます。

image

これなら、マスターパスワードの入力を除けば3タップでログイン完了できます。(最後の一押しが必要な場合もあり。)

以上、「iOS 8」の新機能「App Extension」(アプリ拡張)が利用できて便利になった「1Password」についてでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事