「Yahoo!知恵ノート」開始!ライターが充実すればかなり役立ちそう!

スポンサーリンク

Yahoo!JAPANがテーマごとのミニサイトサービス「知恵ノート」を開始しています。ライター(執筆者)が充実すればかなり役立つサービスになりそうです。

image

これまで、「Yahoo!知恵ノート」は限定公開で進められていたようですが、今回正式にサービスを開始しました。

始めは「Yahoo!知恵袋」とどう違うの?「知恵袋」は皆で悩みや疑問・質問に答えるQ&Aタイプのものでしたが、「知恵ノート」は一人のライター(執筆者)がテーマを決めて(またはリクエストに応じ)ノートを立ち上げてコンテンツを作りこんでゆきます。

image

さらに、閲覧ユーザー達は訂正やアドバイスなどをして、ライターが情報をより正確にしたり詳述したりできるようになっています。ノートの下部に以下のようなアドバイス欄が見えます。つまりWikipediaのようなシステムになっており、間接的に皆でノートを充実させる仕組みになっているわけですね。

image

すでに多くのノートが立ち上がっています。たとえば、『役に立つ』では、「美味しいフルーツの見分け方」「“合コン上手” になる方法」や、「評価数が多い」ノートして「勉強に集中するコツについて」「障害があるお子さんを持つ御両親へ」など実際的で本当に役立ちそうな知恵ノートが立ち上がっています。また「一瞬で関西人を見破る方法」などバラエティー性に富む知恵ノートもすでに人気のノートとなっているようです。

以下は現時点での、知恵ノートの人気ランキングです。時期的に年末調整の話題がランクインしています。

image

この「Yahoo!知恵ノート」のようなサービスはすでに多くありますが、「知恵袋」と並ぶほどのメジャーなサービスになるためには、質の高いライター(投稿者)が多数集まるサイトになる必要がありそうです。

私的には「ペットボトルを生活に役立たせるノート」みたいな知恵ノートに立ち上げて、少しずつ追記していけば結構読み手も多く集まるような気がします。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事