NTT西日本のフレッツ光1Gタイプ「隼(はやぶさ)」大幅値下げで登場!「ライト」などのコースも値下げに

スポンサーリンク

NTT西日本管轄のネットユーザーには朗報です。1Gbpsタイプの「フレッツ光ネクスト エクスプレスタイプ」は名称が変更され「スーパーハイスピードタイプ隼(はやぶさ)」となり、同時に1795円引きになりました。つまり「フレッツ光ネクスト ハイスピード」(200Mタイプ)と同料金です。他にもまありネットを利用しない向けの「フレッツ光ライト」も値下げされます。2012年9月以降の料金値下げプランを以下にまとめます。

image

「スーパーハイスピードタイプ隼」が離陸

私はNTT西日本管轄地域に住んでいますが、「フレッツ光」ではなく電力系の光ブロードバンドを利用しています。

「フレッツ光」の問題は基本料金にプロバイダー料金は含んでいませんね。それでプロバイダー料金を含めて、他社の「光」たとえば電力系の光ブロードバンドと比較せねばなりません。

image

しかし今回のNTT西日本の各コース一斉値下げはかなり魅力的で、乗り換えを考えています。できたらマンションタイプの1Gbpsコースつまり冒頭で取り上げた「スーパーハイスピードタイプ隼 マンションタイプ」は魅力的ですね。同マンションに16契約以上の「プラン2」の場合は月額3,087円になります。格安です。

image

ちなみにマンションタイプは同じ集合住宅内の利用者数によって「プラン1」「プラン2」「ミニ」があります。

  • 「プラン1」・・・8契約以上
  • 「プラン2」・・・16契約が一括で申し込み
  • 「ミニ」・・・4契約以上

また、一戸建住宅の場合は、1000Mbpsタイプの「ファミリー エクスプレスタイプ」が月7,014円が約5,218円となり約1800円引きになりるようです。名称も以下の通り、「スーパーハイスピードタイプ隼(やはぶさ)」となります。

image

さらにライトユーザー向けの「フレッツ光ライト マンションタイプ」も9月1日から630円割引されて2310円(フレッツ・あっと割引適用の場合)になります。たまにしかネットを利用しない方向けです。

image

さらに「コミュニティー割引」も開始します。これは、家族や友人同士で申し込むと月々315円値引きされるというものです。

NTTは光回線の今年度分の目標数を3分の2しか達成していないひょうです。かなりあせっているようですね。それで対策として、まずは上記の「隼」のようにマンション向けに料金の割引を大々的に行うようです。それでも目標が達成できない場合、戸建の基本プランである「フレッツ光ネクスト」の大幅割引に取り組んでもらいたいところです。

上記のNTT西日本の光ブロードバンドの割引と現在の電力系の光ブロードバンド料金との比較の結果、集合住宅に住んでいる我が家では依然として電力系の光ブロードバンドのほうが安かったのでしばらくこのままで継続します。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事